理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 教えて!二重の美容整形Q&A » 適切な手術法と迅速な対処で目元を腫れさせない!

適切な手術法と迅速な対処で目元を腫れさせない!

女性の目

整形手術にはダウンタイム(施術から回復までの期間)がつきもの。

目元を常に隠すというのは難しいので、ここではダウンタイムの短い手術法や、腫れを抑える対処をご紹介いたします。

目次

腫れづらい施術は切らない埋没法

腫れづらい施術とは、メスを使わずに行う「埋没法」です。メスで患部を切る「切開法」の場合は、傷が大きくなり、手術の刺激によって腫れることがあります。

また、施術中、目に力が入ってしまうと、血圧が上昇し出血が多くなり、患部が腫れてしまこともあります。

対して埋没法は、医療用の極めて細い糸でマブタを固定。切開することはないので腫れる心配が少ないですし、施術時間もより短くなります(10~15分)。

埋没法は腫れても1ヶ月程度

埋没法は、仮に大きく腫れたとしても術後1週間程度で収まることが多いですが、完全に腫れがひけるまでは1ヶ月程みましょう。その間は、目に負担をかけず十分な睡眠を取ることを心がけてください。腫れがひけば、アイメイクやコンタクトをしても問題ありません。

切開の場合ですと個人差はありますが、腫れた状態が2週間ほど続き、傷が目立たなくなるまでは3ヶ月を要するのが一般的。完成された状態になるまでは6ヶ月必要です。切開した際は、術後管理として、タオルに氷やアイスノンを患部にあて炎症を抑えると腫れの悪化を防げます。

各施術のダウンタイムは?

施術ごとにダウンタイムは違ってきます。整形手術をする際に気になるポイントとして学校や仕事には影響はないのかなどがあると思います。

簡単にまとめてみましたのでご覧ください。

施術名 腫れが引くなど落ち着く目安期間
埋没法 3日程度
部分切開法 1~2か月程度
(術後1週間程度は休むことが理想)
全切開法 3か月程度
(5~7日で抜糸、1~2週間は内出血や腫れがある事が多い。)
目頭切開法 1か月程度(抜糸は5~7日)
眼瞼下垂手術 3か月以上

もっと詳しくダウンタイムについて知りたい人は下記のページで紹介していますのでご確認下さい!

>>二重整形のダウンタイムについて手術別調査

腫れを早くひかせるために血流に注意

もし腫れてしまった場合は、激しい運動は血流が活発になるため控えましょう。それと同じ理由で、熱いお風呂やサウナを避けてください。

血行が促進される飲酒にも注意です。反対に、喫煙すると血流が悪くなり治りが遅くなる場合があるので、喫煙者の方は留意しておきましょう。

まとめ

  • メスを使わない施術を選べば腫れも少ない
  • ダウンタイム(施術から回復まで)は1週間程度(切開すれば約2週間)
  • 運動・入浴・飲酒に要注意

>>大阪で人気の埋没法などの二重整形のおすすめの美容外科はこちらから

 

二重の美容整形ガイド 大阪版