理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 教えて!二重の美容整形Q&A » 一重から二重にする方法

一重から二重にする方法

二重の整形手術ってどんな方法があるの?自分はどの整形方法が向いているの?そんな疑問にお答えすべく、二重の施術法についてまとめています。一重から二重にしたい!という人に役立つ内容を詰め込んでいるので、気になる人はぜひチェックしてください。

二重まぶたとは?なりやすい人となりにくい人の違い

目が大きく見える二重まぶたは、上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉によって作られます。上眼瞼挙筋とは、まぶたを開く筋肉のこと。その筋はまぶたの先で枝分かれして、まぶたを支える瞼板(けんばん)と皮膚にくっつきます。目を開いた時に、上眼瞼挙筋の枝分かれした部分が引っ張られることで二重になるのです。

一重まぶたの人は、上眼瞼挙筋が枝分かれした部分が皮膚につながっていない場合がほとんど。もしくは、つながっていても二重の人より引っ張る力が弱い可能性が高いです。

また、まぶたに脂肪が多い人も二重になりにくいのが特徴。脂肪の重さで皮膚を持ち上げることができず、二重のラインができにくくなります。

二重にする5つの方法

一重から二重にする方法は、自力でできる「マッサージ」、アイプチやアイテープなどの「癖付け」、美容整形の「埋没法」や「切開法」などが一般的。

ここでは、それぞれの方法の特徴や効果を紹介していきます。ただし、どの方法も100%二重になるというものではありません。メリット・デメリットを理解したうえで、ご覧ください。

マッサージで二重にする!

二重にする方法として、インターネットやSNSで多くの人が紹介したいり実践したりするのが「マッサージ」。手軽にできる方法なので、毎日行なっている女性も多いようです。しかしあくまでもマッサージなので、「確実に二重まぶたを手に入れられる」と保証できる方法ではありません。

特に1~2日で二重まぶたになる可能性はかなり低いです。もしマッサージで二重まぶたを手に入れたいなら、毎日継続することが大切。

まれに「二重になるべきまぶたが、むくみによって一重になっていた」ということがあります。このように慢性的にまぶたがむくんでいるという場合は、マッサージが有効です。

二重まぶたのマッサージは、さまざまな種類があります。自分にピッタリなマッサージ方法を見つけて毎日続けていけば、むくみが解消されて二重まぶたになれるかもしれません。

マッサージの方法

二重マッサージにはさまざまな方法がありますが、「確実に効果が出る」という根拠はないそうです。

しかし効果が100%出ないわけではありません。ここではいくつかの方法を紹介しているので、自分にピッタリなやり方を見つけてくださいね。

むくみとりマッサージ

まれに、むくみが原因で一重まぶたになっている人が存在します。むくみをとるには、まぶたと目頭のマッサージがおすすめです。

  1. 40度のシャワーをまぶたに5秒間当てて5秒間離す(毎日10セット)
  2. 眉毛の下にある骨のくぼみを1分間押す
  3. 目頭から目尻にかけてなぞるようにマッサージする

まぶたの筋肉エクササイズ

一重の人の多くはまぶたの筋肉が弱いので、まぶたの筋肉を鍛えれば、二重まぶたになる可能性があります。

  1. 両手を眉毛に当てて眉毛を動かさないように5秒間目をひらく
  2. 目を開いて5秒たったら5秒間目を閉じる
  3. 目を閉じて5秒たったら5秒間さらに強く目を閉じる

※おでこの筋肉を使わないようにするのがポイント。最低1ヶ月は続けるようにしましょう。

マッサージのメリット・デメリット

手軽にできるのがマッサージの大きなメリットといえるでしょう。やり方さえわかれば、その日からすぐに始めることができます。また、美容整形を受けたり道具を買ったりする必要がないので、お金がかからないのも魅力です。

デメリットは美容整形やアイプチより、二重まぶたになる可能性が低いこと。また数日で効果が出るものではなく、最低でも数ヶ月~数年間は続けないといけません。途中で挫折してしまう人も多いのだとか…。もしマッサージの効果が出た場合でも、希望通りのラインが手に入らないというデメリットもあります。

癖付けで二重まぶたをゲット

まぶたを見てみると薄いしわがありますが、そのしわのラインが深い人ほど二重になりやすいと言われています。

また、まぶたのむくみが取れたり脂肪が減ったりした場合に二重になる人も同様。そのような人たちは、癖付けによって二重まぶたになりやすいのが特徴です。

なかには、先の尖ったつまようじや針を使用する人がいますが非常に危険です。最悪の場合、眼球を傷つけてしまう恐れがあるので注意してください。癖付けで二重まぶたを手に入れるためには、安全な方法で行うようにしましょう。

癖付けるアイテム紹介

まぶたの癖付けでおすすめの3アイテムをご紹介します。

アイプチ

癖付けで二重にする場合、最もポピュラーな方法がアイプチです。のりを使ってまぶたの上の下をくっつけて二重まぶたを作ります。アイプチはドラッグストア・スーパー・100円ショップなどで購入可能。通販で定期購入する人もいるようです。最初は綺麗な二重を作るのが難しいかもしれませんが、続けていくうちに理想の二重が作れるようになるでしょう。

アイテープ

アイプチはのりで二重を作る方法ですが、アイテープはテープを使って二重を作ります。ドラッグストアや100円ショップで購入することが可能です。なかには、アイテープの代わりに絆創膏を使う人も。テープをはがすときは、皮膚が引っ張られないように、ゆっくりはがすようにしましょう。

夜用アイプチ

アイプチで二重にしていることがバレたくないという人は、夜用のアイプチで癖付けをしましょう。通常のアイプチは接着効果しかありませんが、夜用アイプチは美容成分や保湿成分が含まれている商品もあります。

プチ整形を行う(埋没法)

一重から二重にする美容整形で最も人気なのが埋没法です。髪の毛よりも細い糸を使って、二重のラインに沿って2~3箇所留めるだけの簡単な施術です。

手術時間も短く15分前後で終わりますし、ダウンタイムも短め。腫れは3日程度で引いていき、糸を通す穴も3日ほどで塞がるのが一般的です。

埋没法は糸で留めるだけなので、二重のラインが気に入らなければ抜糸することができます。やり直すことができるので、美容整形が不安な方も安心でしょう。

埋没法のメリットデメリット

【メリット】
  • 長期的に二重まぶたをキープできる
    施術内容や個人差はあるものの、一般的な持続期間は3~5年。アイプチやアイテープに比べると、より長期間二重まぶたをキープすることができます。また、アイプチやアイテープは毎日継続して行わないといけませんが、埋没法だとその必要はありません。
  • 自然な二重になる
    アイプチやアイテープは上手くできないと、バランスの悪い二重になってしまいます。しかし、埋没法は医師が行うので自然な二重を手に入れやすいのがメリットです。医師の実績やスキルが高いほど、キレイで自然な二重になります。
【デメリット】

手術をする必要がある
埋没法は、まぶたに小さな穴を開けて糸を留める手術をする必要があります。安全性の高い手術ですが、100%成功するという保証はありません。また、手術を受けるための費用もかかります。

>>埋没法とはどんな施術!?読めば理解できる埋没法の全て

切開法での整形

切開法とは、まぶたの皮膚を切開して二重にする美容手術です。つまりまぶたにメスを入れる方法になります。切開法は「部分切開法」と「全切開法」の2種類。全切開法は、まぶたを3cmほど切開する方法。脂肪を取り除けるので、まぶたがたるんでいる人におすすめです。

部分切開法は、まぶたを1cmほど切開する方法。あまりまぶたに厚みがない人におすすめの手術です。全切開法と比べて切る範囲が少ないので、ダウンタイムが短くなるのも部分切開法の特徴になります。

切開法のメリットデメリット

【メリット】
  • 半永久的に二重まぶたが持続する
    埋没法は数年で元に戻ってしまう確率が高いのに対し、二重まぶたを半永久的に持続させることができます。
【デメリット】
  • 手術費用が高い
    埋没法の手術費用の相場はおよそ8万円ですが、切開法だと25~30万円ほどかかってしまいます。
  • 元に戻せない
    皮膚にメスを入れるので、「左右のバランスが悪い」「二重の形が気に入らない」場合でも、元に戻せないのがデメリットになります。切開法を受けるのなら、実績のあるクリニックを選ぶようにしましょう。
  • ダウンタイムが長い
    施術の傷跡が目立たなくなるまでに早い人で6ヶ月、遅い人だと1年以上かかってしまいます。そのため日常生活に影響が出やすい手術と言えるでしょう。

>>切開法の費用相場や施術時間を紹介!メリットデメリットも!

一重まぶたを二重まぶたにする方法のまとめ

一重まぶたの人が二重まぶたにする方法を紹介してきましたが、どの方法にもメリットとデメリットが存在します。

二重まぶたを手に入れたいのなら、ほとんどリスクがなく費用も掛からないマッサージから行なうと良いでしょう。マッサージで効果が得られない場合、アイプチやアイテープなどの癖付けを試すという流れが理想的。

確実に二重まぶたを手に入れたい人は、埋没法や切開法などの美容整形を受けてください。美容整形は美容クリニックで受けることができます。

ここでは大阪で評判の美容クリニックを紹介しているので、気になる人はぜひ参考にしてみてください。

>>評判のいいクリニックはどこ?大阪にある二重整形ができるクリニック

 

二重の美容整形ガイド 大阪版