理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 教えて!二重の美容整形Q&A » 妊娠中の妊婦さんの二重整形におけるポイントを紹介

妊娠中の妊婦さんの二重整形におけるポイントを紹介

妊婦

妊娠したら人と会うような機会もないし、この時期なら二重整形してもバレないんじゃないか…?と考える方もいるのでは。

そこで今回は、二重整形を希望している妊婦さんで確認しておきたいポイントをまとめてみました。

こちらを参考にして施術を受けるか検討してくださいね。

目次

妊婦さんに二重整形OKなクリニックはあるの?

いつの段階で施術を希望するか。どの程度の二重を求めているか。クリニックによって対応は違う部分もありますが、多くの医療機関が妊娠中の二重整形を推奨していません。

つわりのない妊娠初期段階で、本人が気づかないまま申し込んでしまうケースも考えられますが、基本的に妊娠していれば断られることも少なくないでしょう。逆に言えば、妊娠中でもすぐに対応してくれるクリニックは要注意です。

妊娠しているかもしれない。心当たりがあっても確定していないときは、妊娠している前提で対応される場合もあります。検査薬で調べても、早すぎれば確かな結果がわかりません。

曖昧な状態で施術することは難しいため、問診の際に質問されたりします。妊娠中しか足を運べない、妊娠中でも二重にしたいなど、いろいろな背景や事情があったとしても、問い合わせで施術不可とされることも。

クリニックは産婦人科ではないので、二重整形の技術はあっても、妊娠における体調の変化に対して責任を負ってはくれません。

妊娠時における二重整形のリスク

妊娠中はホルモンバランスの変化によって体調も変化しますが、二重整形によってどんなリスクが存在するか説明しています。

赤ちゃんへの負担

母体が疲れやストレスを受けることによって、胎児への負荷も考えられます。例え短時間で済む施術だったとしても、麻酔や注射によってどれだけの影響を受けるかは計りしれません。

特に初期であれば胎児に対する健康の不安も湧きますし、成長の過程でまったく因果関係を及ぼさないとは断言できないでしょう。

妊婦さんは貧血になりやすいため、献血でさえも対応してもらえません。母体の血液は胎児へ流れているわけですが、それが充分に満たされなければ成長に影響する可能性もあります。

そのため健診時の血液検査とは別に、二重整形の施術で出血を伴うことは、胎児に必要な血液のすべてを届けてあげられない状態ともいえます。

母体への負担

初期であれば気持ちの不安定さや倦怠感、肌が荒れやすくなります。安定期に入れば体調は穏やかになりますが、だからと言って普段と同じようにはできません。

後期であれば胎児の発育によって、施術中に仰向けの姿勢を保つことも難しくなります。健診でむくみを指摘される頃にも当たるでしょう。

妊娠は病気ではありませんが、普通の状態ではないため、想定している以上に心も体も重くなります。

妊婦さんへの痛みや腫れ

妊娠すると過敏になり、わずかな刺激に反応してしまうため、傷口の腫れが強くなる可能性もあります。それによって痛みを大きく感じてしまったり、回復が遅れたりする場合もあります。

例えば生理中に美容院でパーマやカラーリングをするとき、頭皮が薬液に触れると痛みを感じる人がいます。自分では問題ないと思っていても、ホルモンバランスの変化によって体は正直に反応します。

生理中は皮膚がデリケートな状態なので、脱毛サロンの利用を控えることもあるでしょう。それと同じで二重整形の施術を受けるとなれば、更に強い刺激として反応してしまうかもしれません。

産後なら大丈夫?

出産してしまえば構いません。ただ、人によって状況が異なります。退院して早く動けるようになる人もいれば、落ち着くまで時間の必要な人もいるでしょう。

また、妊娠中は自分の予定だけを考慮すれば良かったわけですが、施術中に赤ちゃんのお世話をどうするか決めておかなければなりません。

母乳育児をしている場合は、麻酔や薬の影響もあります。そのため施術した当日や翌日は、授乳を控えるよう注意しておきましょう。

その間はミルクで代用することになります。ずっと母乳だった赤ちゃんが、すんなりミルクを飲めるかどうかは、赤ちゃんによって違うので、事前に試しておいたほうが良いかもしれません。

2日程授乳をしないことで胸が張ってくることもあり、体調不良になったりする可能性も。施術中も赤ちゃんが気になってリラックスできない。そういったストレスから、母乳の量に影響がでないとも限らないでしょう。

妊娠して二重整形がとれてしまったら?

妊娠する前に二重整形をしていても、妊娠後にとれてしまうことがあります。

体重が増えて瞼にも脂肪がついたケースや、むくみがあって効果の期限が過ぎた場合など、様々な要因も考えられますが、例え一重の状態に戻ったとしても、同じ場所の再施術は可能。とれる心配があるなら、これまでとは違う施術を希望することもできます。

いつになったら二重整形できるの?

二重整形は簡単な手術なので、急いで施術をしなくてもやろうと思えばいつでも可能です。施術の内容自体は、命に関わるような緊急性がありません。

妊娠中に行えば産休明けから二重で出勤できるし、周囲に気づかれにくいかもしれませんが、リスクを伴うため控えたほうが良いでしょう。

産後は体調や環境を整えてから、カウンセリングで状況を伝えて受けてください。

まとめ

  • ほとんどのクリニックは、妊婦さんに対応していない
  • 胎児や母体に負担がある
  • 産後は様子をみて判断する
  • 妊娠中は控える
  • 妊娠中に二重整形が戻る可能性もある

妊娠中の妊婦さんの場合、すべての事においてリスクがあります。

基本的に施術を推奨していないクリニックが多いのですが、どうしてもの場合は一度クリニックに相談しましょう。

出産後すぐも同様で、クリニックへの相談は無料でできますので相談することをすすめます。

>>>大阪で二重整形を受けるなら!埋没法が安いクリニック紹介

 

二重の美容整形ガイド 大阪版