理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 教えて!二重の美容整形Q&A » 二重整形に失敗してしまったらどうすればいい?

二重整形に失敗してしまったらどうすればいい?

「二重の整形を受けたいけれど失敗してしまったらどうしよう」そう悩む方のために、こちらのページでは二重整形が失敗する原因や内容をまとめています。

二重整形を成功させるためのクリニックの選び方についても調査。万が一、失敗してしまった場合の対処法も掲載しています。

そもそも二重整形で考えられる失敗って?

 二重整形に失敗してしまうとどうなるか、詳しい内容をまとめてみました。

ひどい腫れや内出血が出る

経験の浅い医師や速さのみを重視して仕上がりを気にしない医師が施術をした場合に、腫れや内出血がひどくなる原因に。

確かな技術力がないと、不用意に針をまぶたに刺して血管を傷つけてしまい、組織が壊れ腫れや内出血が強く出る確率が高まります。

不自然な二重になる

まぶたが厚い人が埋没法を受けると、人によってはまぶたに二重が食い込んで不自然な目元になる場合もあります。

眠そうな眼に見えてしまい、結んだ糸がまぶたの重さによって取れてしまうことも。

まぶたに厚みがある人は、医師によく相談して埋没法をした方がよいでしょう。

まぶたがボコボコする

施術後に、まぶたの二重ライン上がポコッと盛り上がることも。

これは糸の結び方がゆるい場合や糸の結び玉が多い場合、糸の周囲に被膜ができた場合に起こりやすくなります。

糸が出て眼球を傷つけてしまう

糸を通す位置が浅いと埋没せずに飛び出てしまうことがあります。

医師になって日が浅い医師やベテランでも埋没法に慣れていない医師が施術を行なった場合に起こりやすいようです。

二重が取れてしまった

二重の施術を受けた人の中には、「施術後すぐに二重が取れてしまった」という人もいます。

糸が取れてしまう原因には、まぶたの厚み、たるみ、二重幅、くぼみが原因に。まぶたの持ち上げる力が弱い人に1点留めといった、効果が低い埋没法で施術を行なった際に二重が取れてしまうこともあります。

眼瞼下垂(がんけんかすい)を招く

眼瞼下垂とはまぶたを持ち上げる力が弱まり、開きにくくなる状態です。

二重の筋力が弱い人に埋没法を行なうと、眼瞼下垂を早めてしまう場合があります。もとから眼瞼下垂の人へ施した場合、二重のラインがくっきりと出ないこともあるので、しっかりとまぶたの状態を確認してくれる医師を選んで施術を受けましょう。

眼に異物感がある

まぶたに糸を通すとまぶたの組織にかゆみが出て、異物感やゴロゴロ感の原因になります。

施術直後に見られる症状ですが、1週間以上たっても治まらない場合は、まぶたの裏に糸が露出している可能性があるため、医師に診てもらいましょう。

左右のまぶたにあまりにも差がある

どのような人でもまぶたに左右差があります。しかし埋没法を行なう医師の腕によっては、糸をかける高さを間違えてしまったり、糸のかけかたが場所によって緩んでいたりと、未熟さが原因で左右のまぶたのバランスに差が出ることも。

経験のある医師に施術をお願いすることが、理想の二重を実現するためには重要です。

二重の失敗確率はどの程度?

二重整形を受ける場合、リスクゼロということはありません。なるべく失敗しないためにも、クリニックがどれくらい信頼できるか知る必要があります。

そこで注目したいのが、クリニックの公式ホームページ。これまで行なってきた症例を掲載しているところも多いため、参考にしましょう。成功といえる例を挙げると、薄いまぶたの人で6mmの埋没法を行なった人のうち、約5割の人が10年以上状態をキープしていたそうです。

厚いまぶたの人が施術を受けた場合は、糸が取れやすく短期間で二重が取れてしまう可能性があります。

失敗しないためのクリニックの選び方

二重整形は失敗する可能性があるため、成功率の高いクリニックを選ぶのがポイントです。

しかし、すべてのクリニックのホームページ上で成功率が記載されているわけではありません。信頼できるクリニックを見極める際は、以下の3つをポイントにしてください。

■公式HPにのっている成功例を参考にする

二重整形は施術内容が細かく分かれているうえ、施術を受ける側の状態や希望する内容によっても異なります。そのため、成功率を提示するのは難しくなっているのです。

ただし、クリニックによってはホームページに二重整形の成功率を紹介しているところも。実際に施術を受けた方の画像が付いていて解説されていると、術後のイメージがしやすいといえるでしょう。さらに、施術を受けた方の体験談が掲載されていればクリニックへの信頼度も高まります。

■第三者の口コミや症例数を見る

ホームページだとクリニック側の主観的なメッセージしか伝わらないと感じる場合は、第三者の口コミを参考にしましょう。第三者の口コミは実際に治療を受けた方が多いので、客観的な意見を知ることが可能。口コミで評判が良いクリニックは、治療を任せても問題ないといえます。

しかし、口コミによっては意図してクリニックを持ち上げる内容だけ記載している場合も。「ここなら100%成功します」といったような口コミは、あまり信用しすぎないほうがいいでしょう。

また、症例数もクリニックを選ぶポイントのひとつです。症例数が多いということは、それだけ人気があるといえます。

■カウンセリング時に直接聞く

施術を受けたいと考えているクリニックでカウンセリングを受ける際は、直接成功率を聞きましょう。

しっかりと答えてくれるクリニックは、信頼できます。反対に、明言を避けて話しをごまかすようであれば注意が必要です。

保証があるのは安心

二重整形を受ける際にチェックして欲しいのが、保障制度があるかどうかです。

保証制度があると施術が納得いかなった場合、再度施術を受けられることもあります。ホームページやパンフレットに、きちんと保証制度に関する詳細が書かれていると、信頼できるポイントに。

また、成功率と同じようにカウンセリングの時に保証制度について、質問してみましょう。面倒がらずに細やかな説明をしてもらえれば、信頼できる目安となります。

失敗してしまった場合、他院修正という選択肢

二重整形を受けて失敗してしまったクリニックでは「もう2度と手術を受けたくない」と思う人も多いでしょう。

他院修正を行なう場合どのようなケースに対応できるのかまとめてみました。

  • まぶたの左右差をなくしたい
  • 取れてしまったラインを治したい
  • 二重の幅を変えたい
  • 傷跡を目立たなくしたい
  • 残ってしまった蒙古ひだを取ってもらいたい

他院修正を依頼するタイミング

埋没法の場合

埋没法の経験がある場合はとくに、タイミングをはかる必要はありません。ご自身で「ラインが薄い」「左右差がある」と感じた場合、相談することができます。

まぶたの状態によっては、糸の引き込みが強すぎて、新しいデザインができない場合があるので、その際は埋めてある糸を抜糸。まぶたのクセがなくなるとともに、再度処置が行われます。

目頭切開法の場合

とくにタイミングをはかる必要はありません。ご自身が気になったら、クリニックを受診しましょう。目頭切開で蒙古ひだの大部分が除去されていると、完全に元に戻すことができません。

しかし残っている蒙古ひだや傷の修正ができます。傷跡は赤くなりやすいため、修正手術後のアフターフォローをしっかりと行なってくれるかも確認しましょう。

二重切開の場合

こちらもとくにタイミングをはかる必要はありませんが、施術後だとむくみや腫れがある状態なので症状が引いてからの診察となります。

早い段階での修正なら処置しやすいですが、時間が経ちすぎている場合、自己組織が癒着を起こして修正手術が難しくなるそうです。

一度他院修正を受けるクリニックで診察を受けて、まぶたの状態を確認してもらいましょう。

他院修正に関しての詳細

他院修正はその施術自体行っていないクリニックが多くあります。

理由は複数ありますが、大切なのは少ない他院修正可能クリニックの選び方です。

また修正に関しての詳細を紹介していますので、他院修正を検討している人は確認してみてください。

関連記事:大阪で受けられる二重整形の他院修正について調査!

 

二重の美容整形ガイド 大阪版