理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 教えて!二重の美容整形Q&A » ダウンタイムはどれくらい?

ダウンタイムはどれくらい?

二重整形には、施術してから回復するまでの期間「ダウンタイム」というのが必要です。

実際にどれくらいのダウンタイムが必要なのか?学校や仕事には影響はないのか?など、二重整形にかかるダウンタイムを手術別に調べました。

埋没法

埋没法のダウンタイムは約3日とされています。内出血をしない場合も多いのですが、腫れはすぐには治りません。

また、目が腫れるので、うまく目を開けることができず、日常生活も困ることが多いでしょう。

手術から3日間ぐらいは前を向くのでさえ難しかったりするので、休めるなら3連休などを使って手術することをオススメします。

部分切開法

埋没法と全切開法の中間に位置する「部分切開法」。

一般的な部分切開の場合は、約1週間で腫れ・内出血は落ち着き、1~2ヶ月で、自分の理想通りの二重幅になっていきます。

メイクは腫れが落ち着いてくる1週間後から可能となっています。また、傷跡は全切開よりも小さくなっており、1㎝前後としているクリニックが多いです。

しかし、二重のライン全体が傷となっている全切開に比べて、二重のラインの一部だけが傷となっている部分切開の方が、傷は目立ちやすい傾向にあるようです。

学校や仕事は、一週間程度休みを取ることをオススメします。

全切開法

傷は少しずつ目立たなくなりますが、瞼を切っているのでどうしてもダウンタイムは長くかかります。

目を閉じたり、伏し目になったときは、二重幅に傷跡が残っているので、最初のうちは痛々しく見えるかもしれません。

ほとんどのクリニックが、手術後5~7日で抜糸を行うのですが、それまではまぶたに糸が付いているので、スッピンで外出したり学校に行く…というのは難しいです。

メイクは抜糸をした次の日から可能で、3カ月経てば二重ラインはかなり落ち着きます。

1~2週間ほど内出血・腫れがあるので、全切開法を使って二重にする場合は、学生であれば長期休暇、社会人であれば有給を使って、長期間、人に合わなくても良い状態の時がオススメです。

また、「全切開法だと痛そう…」と、手術後の痛みが気になって手術を躊躇する人も多いですが、少しジンジンする程度で、クリニックから処方してもらう内服薬の痛み止めで十分に我慢できる程度です。

非常に取れにくい二重まぶたを作ることができる方法なので、完璧な二重幅を目指したい方は断然全切開法がオススメです。

目頭切開法

目頭切開は、内出血があったとしても1週間でおさまります。また、大きく腫れる事はなく、術後5~7日後の抜糸までにはほとんどの人が落ち着いています。

しかし、中にはひどい内出血が出て2週間程度内出血が消えなかった…という人もいます。手術後は1週間ほど糸を付けておかないといけないので、スッピンで出歩くのは難しいでしょう。

目頭切開法は、1ヶ月程度でほとんど傷跡は、目立たなくなりますが、中には完全に傷跡が目立たなくなるまで半年かかった人もいます。

メイクは抜糸の翌日から可能なので、休みを取るとしたら、10日前後が良いと思います。

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂手術には切るやり方と、切らないやり方の2通りあります。

切らない眼瞼下垂手術 切る眼瞼下垂手術
腫れ 少ない。腫れても1週間程度で改善する 大きく腫れる。落ち着くまでに1~3ヶ月かかる
内出血 ほとんどない。内出血があっても1週間程度で改善する ひどい場合もある。落ち着くまでに1~3ヶ月かかる
ほとんど目立たない 早い人でも3ヶ月、遅い人だと半年~1年で目立たなくなる
効果 はっきりした効果は望めない 目元の印象がかなり変わる

二重の整形方法はいくつかあるので、ダウンタイムに必要な日数や傷跡、効果などを比較して、自分に合った方法で二重整形をおこないましょう。

 

二重の美容整形ガイド 大阪版