理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 教えて!二重の美容整形Q&A » 自然に見える二重の幅にするための方法とは?

自然に見える二重の幅にするための方法とは?

二重整形を受ける時にみんなが抱く、「自然に見える二重の幅はあるの?」という疑問に答えます。自分の顔全体のバランスを考えたうえで、理想の二重の形を見つけるための方法をまとめてみました。二重整形を考えている、どんな二重のラインが可愛く見えるのかを知りたい人は、是非チェックしてみてください。

二重整形の時、自然でばれない二重の幅はあるの?

一般的に、すべての人が自然に見えるという二重の幅はありません。なぜなら、自然に見える二重の幅は人によって異なるからです。

二重の幅だけで決めるのはNG!

二重の幅はちょっとした表情や顔の角度によって、印象が変わります。二重のラインは「目の開き」具合によって、目の印象がまったく違うのです。まぶたを引き上げる力が弱いと幅の広い二重ラインは「眠たげな目」になり、まぶたを引き上げる力が強いほど「ぱっちりとした目」になります。まぶたを引き上げる力がどのくらいあるのかを確かめることで、自分に合った二重の幅を決めることができます。

自分に合った二重の幅を見つける方法とは?

自然に見える二重ラインは、自分の目や鼻、口といった顔全体のパーツのバランスを考えたうえで、判断する必要があります。

雑誌や写真からの情報をうのみにしない

雑誌や写真などで、モデルになった人の二重の幅が記載されていることがありますが、実際に二重整形を受ける時には参考になりません。なぜなら、目を閉じた時に測定したものなのか、目を開いている時に測定したものなのかによって、同じ数字でもまったく意味が違ってきます。もし同じ二重の幅のラインにしたとしても、目の開き具合や自分自身の目や鼻、口といった顔全体のパーツによって左右されるので、理想的なまぶたになれる二重の幅は一人ひとり違うのです。

まずはクリニックの先生に相談してみよう

実際にクリニックの先生と顔をあわせて相談することをおすすめします。自分の顔でのシミュレーションができるので、自分が思っていた二重になれなかった、ということがないからです。施術する先生からのアドバイスは、手術後のことを具体的にイメージできることがメリット。まぶたを引き上げる筋肉の強さによって、他人から見た時の印象が違って見えるもの。自分ではベストな二重の幅だと思っていても、他人から見た時に不自然なほど幅の広いまぶたになってしまっている可能性もあります。そうならないためには、一度カウンセリングや相談をすると良いでしょう。

もともと二重だけど、二重の幅を変えることはできる?

二重のラインを広げたり、狭めたりする施術をすることは可能です。埋没法と切開法のどちらでもできますが、自分のなりたい理想の二重のラインや目の状態によって異なります。

自分のなりたいイメージをはっきりさせる

二重の幅は広ければ広いほど良いというわけではありません。二重の幅が広すぎると、眠たそうなぼんやりとした印象のまぶたになるだけでなく、まぶたを引き上げる筋肉に負担をかけることで、目の開き具合が悪くなってしまうこともあります。メザイクやアイプチを使って実際の二重ラインをシュミレーションしてみましょう。「クールな印象を受ける切れ長の目にしたい」「可愛らしい印象を受けるたれ目になりたい」など、手術後のイメージをしておくことが大切です。

自然な幅にするためのベストな施術とは?

自分のなりたい目は「可愛らしいぱっちりした目」なのか「クールな印象を受ける目」なのかによって、選ぶ二重施術の方法は違ってきます。

埋没法

メスを入れずに糸を使ってまぶたを留めることで、二重のラインを作り出す埋没法。二重のラインを広くすることも、狭くすることもできます。まぶたに脂肪が少ない人に向いている施術といえるでしょう。

関連記事:二重のプチ整形・埋没法のメリット

切開法

メスを入れる方法でも二重まぶたを作ることができます。まぶたの脂肪や皮膚を切除することができるので、埋没法よりも二重ラインのデザインの種類は多くなります。まぶたがたるんでしまい、二重のラインが分かりづらくなってしまったという人やまぶたに脂肪が多くついていることで腫れぼったく見えてしまうというまぶたの人におすすめです。

関連記事:目元の印象を変える!大阪で受ける目頭切開法整形

目頭切開法や目尻切開、涙袋の形成を併用

二重のラインは、埋没法や切開法といった二重まぶた形成術でも変化させることができますが、自分の理想とする目元を作り出すためには、目頭切開や目尻切開、涙袋の形成を組み合わせるのもひとつの手。施術の併用で、理想の二重のラインを作り出すことが可能です。自分がなりたいと思う二重の希望がはっきりしているのであれば、目頭切開法や目尻切開法、涙袋の形成を行うことも選択肢に入れてみるのもいいかもしれません。

関連記事:涙袋をヒアルロン酸で形成できる?涙袋形成に関しての全知識

その他施術の詳細情報:二重まぶたの整形手術

二重まぶたの種類

自分にとってベストな目を手に入れるためには、二重まぶたには種類があることを知っておくことが大切です。

末広型

目頭から目尻にかけて二重の幅がどんどん広がっていく形のことです。女性らしいぱっちりとした目と言われており、ナチュラルメイクがよく映えるまぶたの形。日本人の顔に最も合う二重の形とも言われています。自分の顔に合わせた二重にすることで、もともと二重だったかのような、ぱっちりとした自然で可愛らしい目の印象を人に与えられます。

平行型

まぶたのラインが平行になっている形です。二重の幅が狭くても目が大きく見え、クールな大人っぽい印象の二重のラインに。目が大きく見える二重のラインであり、幅の広さによって2種類に分けられます。「幅の狭い平行型」は、目を大きく見せる効果があり、モデルや女優さんに多いです。「幅の広い平行型」は、欧米人に多く全体的に華やかな印象を与える目元に。幅の狭い平行型の二重は埋没法でも作ることができ、幅の広い二重ラインを作る時には切開法、または目頭切開を併用することで作ることができる二重ラインです。

奥二重

二重の幅が狭いことによって、上のまぶたに二重のラインが隠れてしまっている状態を奥二重と言います。一重に間違えられてしまうことも。奥二重であることで、アイメイクをしても分かりづらくて困っているという女性も多いようです。ぱっちりとした目にしたいという女性は、二重の幅を広げることで奥二重が解消されることが分かっています。

大阪にある二重整形を行っているクリニック

顔全体のイメージを大きく変えることのできる二重まぶた。二重整形によって作ることができるまぶたの形は、末広型や平行型、奥二重など豊富です。

なによりも大切なのは、自分の顔全体のバランスを考えた二重まぶたを作ること。実際にアイプチやメザイクなどを使って、自分の顔にあったまぶたの形をシミュレーションすると良いでしょう。

二重整形で、自分が望む理想的な形のまぶたを手に入れるためには、しっかりとした技術を持った医師に頼むことが大切です。

自分が信頼できると感じる医師を見つけるためには、一度クリニックへ行き、カウンセリングを受けて自分の目で確かめることが大切です。

このサイトでは大阪にあるおすすめの二重整形が受けられるクリニックを紹介しています。

>>理想の二重が手に入る大阪のおすすめ美容形成外科を見る

 

二重の美容整形ガイド 大阪版