理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 大阪の二重整形クリニック大調査 » つかはらクリニック

つかはらクリニック

患者が現在抱えている身体の悩みをひとりひとりの悩みを親切・丁寧に対応してくれる、大阪の美容外科つかはらクリニックを紹介します。

つかはらクリニック

画像引用元:つかはらクリニック公式HP(https://www.tsukahara-clinic.com/)

コミュニケーションを大切にしてくれる「つかはらクリニック」

二重の施術方法
「二重埋没法」

費用
39,815~60,186円まで

つかはらクリニック
  • 所在地
    大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1-43 あべのハルカス22F
  • 診療時間
    月~金…10:00~20:00
    土曜日…10:00~19:00
    日曜日…10:00~13:00/14:00~17:00(※不定期診療)
    休診日 … 木曜日・日曜日(不定期)・祝日・年末年始
  • 最寄り駅
    JR各線「天王寺駅」より徒歩1分
    地下鉄各線「天王寺駅」より徒歩3分
    近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」より徒歩3分

つかはらクリニックの特長

大阪の天王寺駅から徒歩1分とアクセス面に優れた完全予約制のつかはらクリニック。

二重施術は何を行っているのか、アフターフォローをしっかりしているのかなど、どんなクリニックなのか施術を受ける前にしっかりと知っておきたいもの。ここでは、つかはらクリニックの特徴を紹介していきます。

経験・実績豊富な形成外科専門医によるカウンセリング

つかはらクリニックでは、経験・実績が豊富な形成外科の専門医がカウンセリングから施術まで全て対応しています。

まぶたの施術はとても繊細な施術。経験・技術が優れていることも大切ですが、施術前のカウンセリングがとても重要なのです。カウンセリングではどのような二重を希望しているのかを聞き、術前に入念なシミュレーションを行ったうえで施術を行っています。

そのほか、二重の悩みや肌の状態、理想の二重のイメージなどを聞いてくれるので、口コミ評判でもカウンセリングが丁寧、先生やスタッフの対応が良いという意見が多いようです。

つかはらクリニックのループ法

つかはらクリニックが二重施術に採用している施術法は、安全かつ安定した効果が得られるループ法。

まぶたの表と裏に局所麻酔を注射後、まぶたの裏側に髪の毛より細い特殊なナイロン糸を通します。その後、糸の両端をまぶたの表側に通して糸の片方をまぶたの皮膚の下に通した後、目頭に近い場所で結びます。

まぶたの中に糸をループ状でかけることで二重のラインを形成。その時にできた結び目は目立たないように小さくあけた穴に落とし込み隠します。

つかはらクリニックのループ法は多くの患者が満足している施術です。

つかはらクリニックのアフターフォロー

二重の施術は、施術を行ったら終了ではありません。個人差はありますが、一般的に数日間腫れが発生します。

また、ごく稀に内出血で青あざのようになることも。つかはらクリニックでは、そういった方のために治療後のアフターフォローにも気を配っています。

無料アフターケア専用相談窓口では、一度治療を受けた方は何度でも相談可能。また、院長に直接相談できる窓口も用意されています。

6ヵ月以内に二重が取れてしまった方は1回限り診察料金で再手術を行っているそうです。

二重整形手術の種類

つかはらクリニックで行っている二重整形手術は、埋没法の1点のみです。

安全で安定した効果が期待できるループ法を採用しているので、初めての方でも安心感があります。

しかし、切開法などほかの二重施術が用意されていないため、まぶたの状態によって施術を変更できないのはデメリットともいえるでしょう。

また、「まぶたの状態を一番理解しているのは、最初に施術を担当した医師」という考えから、他院修正なども行っていないそうです。

二重施術ではありませんが、保険適用の眼瞼下垂手術は可能。必ず二重になるわけではないですが、ほとんどの方が二重になっているそうです。

その他の特長

患者が心地よく施術を受けられるクリニックを目指しており、技術や接遇、機材などあらゆる面で質の高い信頼できるものを提供。

アフターケアでは、1人ひとりに合った適切なアフターケアのアドバイスを行い、食生活や生活習慣についてのアドバイスも行っています。

つかはらクリニックでは、患者が満足できる結果を出すため評価が確立した医療技術を採用。各学会に積極的に参加することで、高度な医療技術を提供しています。効果があり安心と安全第一の技術提供をすることを治療方針としているそうです。また、2004年の開院以来医療事故は0と技術の高さがうかがえます。

つかはらクリニックの二重施術は、当日のカウンセリング後そのまま受けることも可能です。

埋没法の施術までの流れ

施術時間は約10~15分ほどとなっています。

  1. 事前のカウンセリングで希望の二重をシミュレーション
  2. まぶたの表と裏に局所麻酔を注射
  3. 特殊な細い糸をまぶたの裏側から表に通す
  4. 糸を皮膚の下を通した後、目頭周辺で結ぶ
  5. 小さな穴を1ヶ所開け、その穴に結び目を落とし込んで目立ちにくくする

つかはらクリニックのドクター

塚原孝浩医師

有名医師のもとで医師としてのスキルを積む

つかはらクリニックで院長を務めている塚原医師は、1987年に福井医科大学(現・福井大学医学部)を卒業後、近畿医科大学医学部附属病院の形成外科教室に入局。美容医療の世界で有名となっていた上石弘教授の元で、医師としてのスキルを磨いていきました。その後2004年に大手美容クリニックの院長を務め、同年につかはらクリニックを開院。現在は院長を務めるかたわら、自らも施術に行っています。医学博士の資格のほか、日本形成外科学会の形成外科専門医の資格も取得。美容形成外科の施術に長けている医師です。

形成外科の知識を活かした美容医療を提供

「美容医療は特別なものではなく、生活向上のために必要な医療である」と考える塚原医師。美容外科は形成外科の一部と捉え、形成外科の基礎訓練を繰り返し行ってきました。しかし、美容医療に関係してくる診療科目ながら、日本では研修制度が確立されていないのが現状だそうです。そこで、形成外科医としての技術を提供するためにクリニックを開院しました。長年培ってきた形成外科の知識や技術などに最新の医学・美容医療を取り入れた施術法を提供しています。外見のさまざまな理由でクリニックを訪れる患者の悩みをしっかりと把握。適切な施術を行うことで、施術後の生活向上に貢献しています。

つかはらクリニックで二重整形をした方の口コミ評判は

「つかはらクリニック」で二重整形をした人の口コミを集めました。ぜひ参考にしてみて下さい。

対応は満足なのですが
「ループ法で二重の手術を受けました。始まる前はガチガチに緊張していて本を持つ手が震えていたのですが、看護師さんや院長先生がやさしく話しかけてくれ、細かい説明をしてくれました。終わったら速攻で帰らされたのがちょっと嫌でしたが、そのほかの対応などで不快感を感じることはありませんでした」(D.Iさん/20才 女性)

緊張をほぐしてくれる
「手術中は、看護婦さんと先生が常に声をかけてくれるので、あまり緊張しませんでした。術後すぐは、引きつり感、異物感と、じわーっと軽い痛みはありましたが、冷やして大人しくしてたら当日中になくなりました。先生もよい感じの方で、お勧めできるかなと思います」(M.Cさん/24才 女性)

プロのメイクの方も
「全体の印象はとても親切で丁寧でしたよ。二重まぶたはとても自然に出来上がりました。プロのメイクの方が「ほんと全然わかんなかったっ!」ってくらいです。もちろん個人差があるので、よく説明を聞いて下さい。きちんと答えて頂ける先生ですので。」(R.Rさん/33才 女性)

先生やスタッフの対応が良かったという口コミが断トツで多かったです。

二重整形を迷っている方へ

目に関する悩みは「二重になりたい」「たるみが気になる」など、尽きることがありません。

二重の施術にはまぶたを切る切開法や切らない埋没法など様々な方法があります。

まぶたを切る切開法はもちろんですが、切開なしの埋没法でもデメリットは存在しています。

しかし、今悩んでいることが二重整形によって解消される悩みでしたら、施術を受けるのも選択肢のひとつです。いきなり施術を受けるのに抵抗がある方は、メールやカウンセリングで相談から始めることがおすすめ。

このサイトでは、大阪のおすすめクリニックを紹介していますので迷っている方はぜひチェックしてみてください。

>>二重整形が評判の美容外科8選in大阪

 

二重の美容整形ガイド 大阪版