理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 大阪の二重整形クリニック大調査 » きぬがさクリニック

きぬがさクリニック

大阪で美容外科・形成外科・美容皮膚科等の診療を行っている「きぬがさクリニック」について、特徴や口コミを紹介します。

納得するまで説明!「きぬがさクリニック」

二重の施術方法
埋没法、二重まぶた抜糸法(ビーズ法)、切開法、部分切開法、眼瞼下垂など。

費用
90,000円?450,000円

きぬがさクリニック
  • 所在地
    大阪市中央区難波4-7-6 R2ビル
  • 診療時間
    10:00~19:00(最終受付18:30)
    年中無休
  • 最寄り駅
    阪神なんば線大阪難波駅徒歩1分
    大阪市営地下鉄千日前線なんば駅徒歩1分

きぬがさクリニックの特長

大阪府と兵庫県に院を構えるきぬがさクリニックは、開院から20年以上の歴史を持つ、安心と信頼の美容医療を提供しているクリニックです。カウンセリングからアフターケアまで患者が納得できる治療・施術を行っているきぬがさクリニックの特徴を紹介していきましょう。

患者が納得できる施術を提供

きぬがさクリニックが最も大切にしているのは、インフォームドコンセントです。インフォームドコンセントとは、「手術や治療を受ける前に、医師が患者に対して治療目的や内容を説明したうえで、同意を得る」というもの。

きぬがさクリニックでは3つのポリシーのひとつにかかげるほど、患者とのコミュニケーションを重要視しています。このことから、安心して二重施術が受けられそうです。

患者が治療内容のことをしっかりと把握して、担当医と納得いくまで要望などを話し合うことが、美しくなるための重要なポイントになります。

術後に安心の定期健診

きぬがさクリニックでは、アフターケアの一環として施術後の1・3・6ヶ月毎に定期健診を行い二重ラインの経過をチェック。また、施術を行ってから1年以内に二重のラインが消失してしまった場合、手術費無料お薬代8,640円程度で再度同じ手術が受けられます。

異なる施術法を受ける場合は費用の差額分が請求されることもあるので、医師と相談したうえで自分に合った施術方法を決めましょう。

日本美容医療協会の認定施設

きぬがさクリニックは内閣府認定の公益社団法人「日本美容医療協会(JAAM)」の認定施設。平成元年に開院して以来、患者のあらゆる悩みや要望を叶えるためにさまざまな治療法を提供しているクリニックです。

きぬがさクリニックには美容・形成外科医が7名、皮膚科医3名、麻酔科医が2名と専門医師とスタッフが充実しています。二重施術は診察から施術まで全てを経験豊富な専門医が対応しているそうです。

そのほかの治療もレーザー機器やレーザー脱毛機器、光高周波治療機器などの美容治療機器を多く導入し、患者が治療法を選べるよう配慮。美肌治療やプチ整形などを最先端の機器や医療技術を用いて、治療にあたっています。

きぬがさクリニック大阪院の二重整形手術の種類

きぬがさクリニックでは、患者一人ひとりに合わせた最適な治療方法を提供できるようさまざまな二重施術を用意しています。

数にして10種類以上の目元整形手術がありますので、様々な悩みをもつ人に最適な手術を提案できます。

埋没法

  1. クイック法
  2. プレミアム法
  3. スーパープレミアム法

の3種類を用意。クイック法はまぶたの1点留め、プレミアム法は2点留めと呼ばれ、クイック法と比べてラインが取れ、一重戻りにくいのが特徴です。スーパープレミアム法と呼ばれる埋没法はまぶたの3ヶ所を留めるため、より安定して二重のラインを保てます。

切開法

埋没法のほかには、皮膚を切開することで行う部分切開、全切開、目頭切開があります。

部分切開

まぶたが腫れぼったい脂肪が多い方に向いている治療法。まぶたの2ヶ所を小さく切開して二重を作ります。

全切開

さらに脂肪が多い方やくっきりとした二重が欲しい方向きの施術法です。

目頭切開

日本人独特の蒙古ヒダを除去。目幅を広げることで目の印象を大きく見せたり、平行型の二重を希望している方におすすめです。切開法と組みあわせることでよりはっきりとした目元を作ることも可能。

そのほか保険適用できる眼瞼下垂手術も行えます。

二重まぶた抜糸法(ビーズ法)

まぶたにビーズを縫い付け、二重のラインを作る手術です。抜糸するまでビーズが縫い付けられたままなので、はじめは腫れてしまいますが、抜糸後2~3日で腫れが引いていき、二重のラインが手に入ります。

メスを入れずに二重のラインが作り出せるので、埋没法や切開法以外で二重にしたい、薄くなってしまったラインをくっきりさせたい方におすすめです。

眼瞼下垂

まぶたの筋肉がなんらかの要因によって垂れ下がってしまい、目が開きにくくなってしまうことを眼瞼下垂といいます。

きぬがさクリニック大阪院では健康保険を適用して手術を受けることが可能。しっかりとした知識を持った専門医が在籍しているので、症状に合わせた治療を提案してくれます。症状が軽い場合には、切開を行わないタッキング法という手術方法で対応。もちろん切開での施術でも治療ができ、望み通りの二重に仕上げてくれます

目袋形成

目の下にある涙袋は、ぷっくりとしたその見た目から、目元全体にやわらかな印象を与えてくれます。

手術方法はヒアルロン酸注入や脂肪注入。メスを使わないので自然な目元に仕上がり、傷跡も残りません。ダウンタイムも少なく、施術当日から化粧や洗顔も可能です。

まぶたのたるみ取り

きぬがさクリニックでは、目元のしわやたるみを改善することによる若返りの施術を多く提供しています。

上まぶたのたるみは、二重のラインに沿ってメスを入れ脂肪を取り除くことでたるみを改善。下まぶたは目立たないよう、まつ毛の下の部分にメスを入れ、シワたるみを解消します。その他にも、目尻や眉間にはヒアルロン酸注入によるシワの改善治療をしており、ピンポイントでの治療が可能です。

ダーマスプリングアイリフト

目元周辺のしわやたるみを改善するために、糸を使って引き上げる施術をダーマスプリングリフトと言います。

極細の糸を目の周りに挿入することで、糸周辺にコラーゲンが生成され、肌にハリをもたらします。

皮下脂肪の引き締めにも効果が期待できる施術です。血管などは傷付けず、手術後に起こる内出血や腫れを最小限に抑えられます。

きぬがさクリニックのドクターは?

衣笠哲雄医師

画像参照元:きぬがさクリニック公式HP画像
(http://www.kinugasaclinic-japan.com/dr/)

きぬがさクリニックの総院長である衣笠哲雄医師は、国内外で学会発表や講習会を行い、豊富な知識を活かした、多くの美容医療の専門書を出版している医師です。

奈良県立医科大学付属病院で美容外科医師としてさまざまな経験を積んだ後、1989年きぬがさクリニックを開院しました。きぬがさクリニックの総院長として、多くの悩みや不安を抱える患者のため、カウンセリングやインフォームドコンセントなどを徹底するというポリシーをかかげています。

さらに、優秀な医師・スタッフを充実させ多くの治療機器を導入。幅広い治療法を提案して患者が満足できるものを選べるように配慮しているそうです。

二重施術では、患者の要望を丁寧にヒアリング。経験と技術、そして豊富な施術メニューで患者の希望する二重ラインを作り出しています。

■経歴

  • 1982年…奈良県立医科大学卒
  • 1982年…同大学付属病院 勤務
  • 1989年…きぬがさクリニック開院
  • 1995年…日本美容外科学会 理事就任
  • 2000年…ぬがさクリニック大阪院を難波に移転
  • 2002年…大阪大学医学部非常勤講師
  • 2004年…きぬがさクリニック姫路院開院
  • 2009年…きぬがさクリニック開院20周年
  • 2013年…大阪市立大学 非常勤講師
  • 2016年…奈良県立医科大学 非常勤講師

■保有資格

  • 医学博士
  • 日本美容外科学会・専門医・評議員
  • 日本美容医療協会・適正認定医
  • 日本臨床形成美容外科医会・理事
  • 日本医学脱毛学会 同学会認定施設・認定医

施術の流れ

※埋没法の場合

施術時間は約10分となっています。

  1. カウンセリングで希望の二重をイメージ
  2. ブジーと呼ばれる機器で疑似的な二重ラインを作成
  3. 極細の針で局部麻酔を適量注射
  4. 手術用の針と極細の糸を使い二重のラインに合わせて結び付ける
  5. クイック法~スーパープレミアム法によって結び付ける数は変わります

治療後は様子を見ながら定期検診を行います。

きぬがさクリニックで二重の手術をした人からの評判は

「どこでしたの?」と聞かれ満足
ここで二重手術をしてもらいました。手術は無事に成功して、とても綺麗に二重になって、嬉しかったです。友人には二重手術をしたように見えないくらい自然だと言われ、どこでしたのか教えて!と頼まれるほどでした。(H.Nさん/21才 女性)

安心させてくれる医師
こういう手術は初めてだったのですごく緊張しました。麻酔が結構痛くて、最後あたり泣いてしまいました…。先生は私の緊張を汲み取ってくれて「ゆっくりやっていくからね~」と安心させてくれました。終わった後はくっきり二重になっていたので、満足です。(A.Mさん/18才 女性)

クリニックを回ってきぬがさクリニックに決めました

カウンセリングで他のクリニックも回りましたが、直接院長先生が話を聞いてくれた、きぬがさクリニックに決めました。「こういった症状なら、このようなことが考えられます」と丁寧に回答してくださり、安心できました。スタッフの方も気さくで、クリニック全体の雰囲気も良いです。(A.Aさん/20代 女性)

コンプレックスを解消したくて…

大阪府内で、料金といった点からも良いと感じたきぬがさクリニックに決めました。カウンセリングから施術までの流れはとてもスムーズ。看護婦さんの説明もとても分かりやすかったです。術後は少し顔が腫れた感じがしましたが、薬をもらっていたので、自分でケア。すると次第に腫れが引いていきました。また何かあれば、こちらに通いたいと思います。(M.Nさん/40代 女性)

目元の施術を受けました

院長先生が美容の専門医資格を持っていることを知り、クリニックへ。診察してもらうと、私のまぶたの状態では埋没法は出来ないとのことでした。切開する手術に切り替えて手術を受けることに。二重にはなれたのですが、自分の希望通りの形ではありませんでした。なりたいまぶたの形があるなら、医師にしっかりと希望を細かく伝えることが大切だと思います。(T.Sさん/30代 女性)

二重整形を迷っている方へ

目に対する悩みは「二重にしたい」「まぶたのたるみがきになる」など多く、尽きることがありません。今悩んでいることが二重整形によって解消される悩みならば、施術を受けて解消することも選択肢のひとつです。

二重施術には、まぶたを切る切開法や切らない埋没法など様々な方法があります。プチ整形の埋没法でもデメリットももちろん存在しますが、悩んでいるのであればまずは無料でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

>>二重整形が受けられる大阪の安いクリニックなども紹介!

 

二重の美容整形ガイド 大阪版