理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 大阪の二重整形クリニック大調査 » あさひ美容外科

あさひ美容外科

 大阪を中心に関西で二重整形を行っているあさひ美容外科について、医院の特徴や評判を紹介します。

20年以上の実績を誇る「あさひ美容外科」

二重の施術方法
埋没法、切開法、目頭切開、眼瞼下垂

費用
30,000円?500,000円

あさひ美容外科(大阪院)
  • 所在地
    大阪市北区堂山町17-15若原ビル4F
  • 診療時間
    木曜10:00~14:00
    金曜9:00~13:00
  • 最寄り駅
    中崎町駅より徒歩6分
    阪急梅田駅より徒歩7分

あさひ美容外科の特徴

ここでは、あさひ美容外科の特長をまとめています。これから関西でクリニックを探す人はぜひクリニック選びの参考にしてください。

関西エリアを中心に多店舗を展開する人気のクリニック

あさひ美容外科は大阪や奈良、和歌山といった関西地域に9院展開しているクリニックです。そのため、通いやすさも考慮して「自分が住んでいる関西地域でクリニックを選びたい」と思っている人にはピッタリ。

また、関西地域に配置されているあさひクリニックの多くは駅チカということもあり通いやすいのも魅力的なポイントだと言えるでしょう。あまり地元で受けたくないと地方へ出て施術を受けようと考えている人でもアクセスしやすい場所となっているため、道に迷うことなく利用が可能です。

丁寧なカウンセリングと適切な提案

あさひ美容外科では二重施術をする前に、患者が思い描いている理想の二重にするために入念なカウンセリングを実施してます。そのあとに、瞼の状況をチェックして、実際に治療で使用する細い針を瞼に当ててシミュレーションを実施。鏡を見ながらシミュレーションの様子を見られるので、事前にどういった二重になるのかを細かく確認でき安心です。

1人ひとりの瞼の筋肉の付き方は異なるため、できる施術とできない施術があります。しかし、あさひクリニックでは二重になりたい方それぞれの悩みを少しでも軽減させるためにどういった施術が最適なのかを見極めて提案してくれます。どの施術がベストなのかも分からないはじめての人でも安心して利用可能です。

完全予約制だからこそできる丁寧な施術

あさひ美容外科は現在、大阪を中心に関西地方で9院展開しています。院長が大阪院以外のクリニックにも診療に出向くことが多いので、完全予約制で、診療時間も20:00までと短く設定。そのため、会社が終わり次第クリニックへ通いたいという人には利用が難しいかもしれません。

さらには、あさひ美容外科は火曜日と金曜日以外は休診日なのも特徴の1つ。施術が受けられる時間も曜日も限られてはしまいます。しかし、対応してくれる小国英昭医師はフレンドリーな性格で親身に対応してくれると人気のドクターです。丁寧な施術で支持を集めているので、診療時間を合わせて一度相談してみる価値はあるでしょう。

独自のアフターケアサポートで夜間も安心

あさひ美容外科は術後の検診やメンタルサポートといったアフターケアが充実しているのも特徴。施術後にどうしても不安をぬぐいきれないといった人もきちんとフォローしてくれます。あさひ美容外科では施術を受けた人を対象に「24時間緊急サポート」を実施。夜間でも不安なことがあれば対応してくれるので、いつでも医師と連絡でき体制が整っているクリニックを利用したいと考えている人にはピッタリです。

その他の特徴

あさひ美容外科は、美容外科に対する正しい知識を発信していく日本美容外科医師会が認めた「日本美容外科医師会認定医療機関」。初めて美容外科を利用する人でも安心して施術を受けられます。また、テレビではCMが多く流れているため認知度が高いのも特徴で、知名度でクリニックを選びたいという人にもおすすめです。

さらに、あさひ美容外科はLINEスタンプを配信中。スタンプを購入し受付窓口で提示すると両耳たぶ(ファーストピアス付き)のピアス穴あけを無料で対応してくれるので、お得感を感じたいという人はぜひ利用してみるといいでしょう。

二重整形手術の種類

あさひ美容外科の二重施術は「埋没法」「切開法」「眼瞼下垂手術」の3つが用意されています。

  • 埋没法:医療用の糸と針を使って行うのが特徴です。メスを使わずに施術を進めていくため、ダウンタイムも他の二重施術と比べても少なめ。腫れや赤みを最小限に抑えた施術を受けたいという人にはピッタリです。
  • 切開法:メスを使う施術で、余分な皮膚や脂肪、組織を取除いてくれるためパッチリ二重になれるのが特徴。両目を施術した場合30分くらいで完了しますが、10日間は腫れがあるので注意しておきたいところです。
  • 眼瞼下垂手術:瞼を引き上げる筋肉「拳筋」が緩んでしまったときに行う施術。拳筋を糸で引き上げて黒目がしっかりと見えるように改善してくれます。腫れは10日間ほどと考えておくと良いでしょう。

複数の施術を用意していることで、自分の瞼に合ったピッタリの施術を受けることができます。まずはカウンセリングで自分に合った施術がどれかを問い合せてみてはいかがでしょうか。

あさひ美容外科のドクター

小国英昭医師

30年近く美容医療に従事しているドクター

小国英昭医師は、開院から30年近くになるあさひ美容外科の院長を務めています。1986年に信州大学医学部を卒業。平成元年に大阪梅田で、あさひ美容外科の前身となる小国クリニックを開院。あさひ美容外科に名前を変更後は、関西を中心に9院を展開する総院長となりました。総院長となった現在も医師としてのスキルアップに余念がなく、日々新たな技術の習得に努めているそうです。日本美容外科学会の正会員、日本医師会の会員として学会にも参加しており、世界で発信される最新美容医療の情報にアンテナを張り巡らせています。

患者一人ひとりに合ったオーダーメイドの施術を提供

小国医師は、「クリニックを訪れた人が、施術を受けることで自分の人生に自信が持てるようになってほしい」という思いで施術を提案しているそうです。患者によって症状、体質が違うため、決まった施術法はないと考えている小国医師。この考えのもと、患者一人ひとりに合ったオーダーメイドの施術法を提案しています。外見の悩みや施術に対する悩みなどが、カウンセリング・施術によって希望に変わっていく瞬間は、施術する身でありながら感謝の気持ちでいっぱいになるのだそう。この気持ちを大切に、小国医師はこれからも施術を提供し続けていくと語っています。

あさひ美容外科で二重手術を受けた人の評判は

先生がおもしろい
昔からはれぼったい目がコンプレックスで、思いきってあさひ美容外科に行きました。関西人の院長とのカウンセリングは楽しく、また丁寧に話を聞いてくださって、とてもよかったです。目も綺麗な二重になれて、本当に嬉しいです。

仕上がりが気に入っています
評判が悪かったので少し心配だったのですが、カウンセリングも施術もとても丁寧でよかったです。仕上がりにも満足しています。20年以上の実績があるとのことで、技術も素晴らしいものだと思います。

二重整形を迷っている方へ

目は第一印象に関わってくる部分です。そのため女性の多くは「もうちょっと目がパッチリしていたら」「もっと二重幅があれば」などと中には感じている人もいるでしょう。

そこで、大体の人が考え着くのがノリを使用したアイプチや糸で二重幅を作る埋没法。アイプチや埋没法は実際にやっている人も多いため「なんとなく安全」と考えていませんか?

実はアイプチは長く続けると瞼そのものが伸びてたるんでしまう、埋没法は時間が経つと糸が自然と取れてしまうというデメリットもあるんです。そうなってしまうと、見た目を元に戻すために余分な時間とお金を使うことになりかねません。二重を目指すなら、まずは専門性のあるクリニックへ相談してみましょう。クリニックによっては、無料でメールやカウンセリングで相談を受け付けてくれます。このサイトでは大阪でおすすめのクリニックをまとめているページもあるので、関西エリアでクリニック選びに迷っている人はぜひ参考にしてください。

>>大阪で二重整形を受けるなら検討すべきクリニック一覧

 

二重の美容整形ガイド 大阪版