理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 二重まぶたの整形手術 » 二重整形で逆さまつげは治療できるの?

二重整形で逆さまつげは治療できるの?

目にまつげが当たってしまう逆さまつげって、違和感や痛みがあって辛いですよね。まつげを抜いても気付くとまた逆さまつげになっていて煩わしい・・・。こちらでは、逆さまつげとはなにか、放置することでどういった影響があるのかを紹介。逆さまつげの種類や手術方法、保険の適用は可能かなどの情報も集めてまとめています。

逆さまつげとは

逆さまつげは、通常外側に向かって生えているまつげが、内側の目に向かって生えてしまっている状態のこと。上まつげと下まつげどちらも逆さまつげになることがあります。まつげが内側に生えると目にまつげが当たり、痛みや異物感などを感じることに。逆さまつげは抜いても、同じところからまた生えてしまうため、悩んでいる方も多いもの。

基本的な対策方法は、病院やクリニックで治療を受けることです。エクステといった人口まつげが逆さまつげに効果的という意見もあります。軽度の逆さまつげならば矯正できるかもしれませんが、ひどい場合は矯正できないことも。

エクステのみで矯正できないと、さらに別の矯正を行う必要になりまつげにダメージを与えてしまうことになりかねません。

逆さまつげは、まつげの毛根やまぶたの異常により発生します。原因を知るためにも、早めに病院やクリニックに相談しましょう。

逆さまつげによる影響

逆さまつげを放置すると、結膜(白目の部分)や角膜(黒目の部分)を傷つけてしまい、病気の原因ととなる可能性があります。逆さまつげによる主な症状は目の痛み、異物感、まぶしさを感じる、目の充血、目やにの増加など。

目の粘膜はとてもデリケートです。そのため、逆さまつげによってダメージを与えていると違和感や痛みが悪化する可能性も。

角膜に傷が付いてしまうと炎症によって目は充血します。日本ではあまりないことですが、免疫力が低下してしまったところに細菌が侵入し、失明してしまうケースもあるようです。

逆さまつげの種類

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

眼瞼内反とは、まぶたがの皮膚が内側に反ってしまい、まつげが目に当たる状態のことです。陣毛内反症や皮膚性内反症などと呼ばれることも。

まつげはゴミやほこりから目を保護する役割を持っています。しかし、まつげが内側に当たる眼瞼内反症では、結膜(白目の部分)や角膜(黒目の部分)を傷つける原因に。その傷によってさまざまな目の病気になる可能性も考えられます。

眼瞼内反症は加齢による目周辺の皮膚のたるみで、後天的に発症することもあるそうです。

睫毛内反(しょうもうないはん)

睫毛内反は、まつげ全体が内側に反り返ることで結膜や角膜に触れてしまっている状態のことを指します。睫毛内反の方のほとんどが、生まれつきの先天性のことが多く、両親からの遺伝によるものだとか。これを先天睫毛内反と呼びます。

睫毛内反が重度の場合、目やにの増加や充血、潰瘍による視力低下などの症状が出ることも。自然治癒によって改善する可能性もあるため、治療をせずに様子見する人もいるそうです。日本人を含むアジア系の人たちは、まぶたの内側の皮膚が多く、睫毛内反の方が多い傾向にあります。

赤ちゃんや乳児は、内側の下まぶたが逆さまつげになることがあるそうです。しかしまつげが細く弱いため、睫毛内反でも結膜や角膜への影響は少なく、自然治癒でほとんど改善すると言われています。

睫毛乱生(しょうもうらんせい)

睫毛乱生とはほとんど正常に生えているまつげの中に、数本だけ内側に向いているまつげが生えてしまう症状のことです。

眼瞼炎のひとつ、眼瞼縁炎(がんけんえんえん)と呼ばれる、まつげ毛根部の炎症によっても発症します。

眼瞼炎は、細菌やウイルスが原因のもの、化粧品や植物などによるかぶれ、アレルギー性のものなどがあります。

逆さまつげを直す方法

自分で行える逆さまつげの対処法としては、以下の方法があります。

  • まつげを抜く
  • ビューラーをする
  • まつげパーマをする

しかし、子の対処方法は根本的な改善とはならず一時的なものです。逆さまつげを改善するためには手術を行って根本を解消する方法があります。こちらでは4つの手術を紹介します。

埋没法

美容クリニックの二重手術に用いられる埋没法で、逆さまつげの修正を行う治療法。切らない手術と言われており、針と糸でまぶたを縫って留めることで、上まぶたの逆さまつげを改善します。一重まぶたの方に最適と言われています。傷痕もほとんど残らないので、二重を考えている方には一石二鳥と言えるでしょう。

デメリットとして、針穴サイズの傷痕が稀に残ってしまう点と内側に向いたまつげを外側に向ける効果は低いことが挙げられます。

切開法

逆さまつげに最も有効と言われている治療法が切開法です。切開法は二重まぶたの形成に使用されている手術で、まぶたを切開してまつげの向きを整えて縫い付けます。日本人に多い蒙古ヒダ近くに逆さまつげがある場合は、目頭切開が必要になることも。

内出血や腫れるなどのデメリットがありますが、内出血が現れる人は1割程度と言われています。切開法のリスクが心配な方は、手術を受ける前にしっかりとカウンセリングしてください。ドクターの技術や経験が必要になるので、信頼できるドクターがいる病院やクリニックで治療を受けるようにしましょう。

まつげ電気分解術

電気分解によってまつげの毛根を脱毛します。逆さまつげが少ない睫毛乱生の治療に向いている手術法。数回に分けて治療するところもあるそうです。治療時間が10分ほどと短いのが特徴ですが、再発するという報告もあります。

レーザー脱毛

逆さまつげを、レーザーを使って処理する治療法。まつげの毛根をレーザーで焼き切って永久脱毛を行います。目の周辺にレーザーを当てるため、信頼できる病院やクリニックで手術を受けるようにしてください。レーザーを透過しない特殊なコンタクトを着用して手術を行っているところもあるようです。

逆さまつげの治療は二重手術と同じ

逆さまつげを改善する治療は、主に「切開法で二重まぶたを作って、逆さまつげを外向きに修正する方法」と「埋没法で二重まぶたを作って、逆さまつげを外向きに修正する方法」の2つです。

これらの手術方法は、美容クリニックで受けられる二重施術の内容とほとんど変わりません。しかし逆さまつげの場合は、病気を治療するという目的のため、保険を適用して手術を受けられます。

逆さまつげで二重整形の場合の保険適用

二重整形手術は基本的に自由診療です。そのため、保険が適用されず、数万円~数十万円の費用が必要になってきます。しかし、逆さまつげのような日常生活に支障が出る症状を改善する目的の手術の場合、保険適用で治療を受けることができます。

逆さまつげであることを伝えれば、クリニックやドクターが実際に保険適用できるかどうかを調べてくれます。施術を受ける前に一度相談をしてください。ただし、あくまでも治療目的の手術なので、見た目を良くするなどの要望は受け入れてもらえないと思ったほうが良いでしょう。

こちらでは、大阪で二重整形を受けられるクリニックをまとめています。

>>逆さまつげに効果的!大阪にある二重整形ができるクリニックはこちら

 

二重の美容整形ガイド 大阪版