理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 二重まぶたの整形手術 » 二重整形の他院修正

二重整形の他院修正

整形後に修正をしたいと思ったとき、1度手術を受けたクリニックとは別のクリニックに修正を依頼するのが他院修正。

ここでは他院修正をせざるを得なくなる原因や手術の難易度、手術法などについてまとめています。他院修正を依頼するクリニックの選び方も記載しているのでぜひチェックしてみてください。

大阪で他院修正が受けられるクリニック

kunoクリニック

kunoクリニックは、他院修正の実績が豊富です。他院で受けた埋没法の修正、多重ライン、左右差、目の開き具合、目頭・目尻の修正など、あらゆる目元の修正を受け付けています。埋没法だけでなく、全切開をした方や切開の傷跡が消えない方の修正治療も行なっています。公式サイトには他院修正の症例がいくつか載っているので、一度受けた二重整形に不満が残っているなら、一度チェックしてみてもよいでしょう。

kunoクリニックのサイト

kunoクリニック

http://www.d-biyou.com/
他院修正費用 50,000円
施術の特徴 あらゆる目元の修正を受け付けている
アクセス 大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階(阪神梅田駅 徒歩6分)

口コミ評価 

  • 2年前に埋没法をしたのですが、ラインが取れかけていて奥二重になってしまいました。kunoクリニックがやっている挙筋法では目を上下に大きくすることもできるようなので、こちらでの修正を検討しています。
  • 近々kunoクリニックでカウンセリングを受ける予定です。他院で埋没法をしたのですが、片目だけ気に入らないので修正してもらおうと考えています。
  • 他院で2点留めの埋没法を受けましたが、目頭側の糸がゆるんだのか目つきがきつくなっています。どうしようか悩んでいた時にkunoクリニックを知りました。いくつか分からないことがあるのでメールで質問をし、一度カウンセリングにも行ってみようかなと思っています。

大阪梅田中央クリニック

大阪梅田中央クリニックは、丁寧なカウンセリング、徹底したアフターフォローを行なうことで有名です。日本美容学会の認定施設に選ばれるほどの実力は、書籍でも何度か取り上げられているほど。これらの技術を活かして、二重の幅や目頭の修正を行なっています。年中無休で土日・祝日にも空いているので、休日や長期休暇しか休みが取れないという方のためにも開院しています。

大阪梅田中央クリニックのサイト

大阪梅田中央クリニック

https://www.shinosaka-chuoh.com/
他院修正費用 150,000円
施術の特徴 年中無休で土日・祝日にも空いている
アクセス 大阪府大阪市北区芝田1-5-12 備後屋ビル5F(梅田駅 徒歩1分)

口コミ評価 

  • 10年ほど前に、他のクリニックで受けた埋没法のラインが取れてしまいました。実績があり口コミも良さそうだったので選びました。丁寧にやってくれて、痛みも内出血もありませんでした。
  • カウンセリングでとても親身になって話を聞いてくれたので、こちらで修正をお願いしました。麻酔を打つときもそんなに痛くないし、他院で受けた時よりも腫れが少ない気がします。
  • 過去に埋没法を受けていると伝えると、皮膚の状態をみて私に合う施術法をすすめてくれました。施術時間は少し長く感じましたが、それだけ丁寧にやってくれているんだなと感じました。仕上がりにも満足しています。
  • 片目だけラインが取れちゃったので直してもらいました。術後、目頭の幅が少し狭くなったかな?と感じたので相談したところ、とても丁寧に対応してくれました。もう片方のラインも取れかかっているので、ここでお願いしようと思います。

川崎クリニック

川崎クリニックには美容整形修正のプロが在籍しており、ほとんどの目元の修正や改善ができるそうです。川崎クリニックでは、「二重に左右差がある」「幅が広すぎる」「目が開きにくくなった…」といった不満や不安をじっくりとヒアリングして、本人の希望に沿った修正を行なってくれます。「他院で修正を断られた」「すでに修正手術を受けても変わらなかった」という悩みも改善に導いてきたという川崎クリニック。無料相談を行なっているので、二重に不満をお持ちの方は一度無料相談を受けてみるのも良いかもしれません。

川崎クリニックのサイト

川崎クリニック

https://www.304783.com/
他院修正費用 記載なし
施術の特徴 ・美容整形修正のプロが在籍している
・丁寧にカウンセリングをしてくれる
アクセス 大阪市北区梅田1丁目1-3-200 大阪駅前第3ビル2F(北新地駅 徒歩3分)

口コミ評価 

  • 二重の幅を広くし過ぎてしまって、どこに行っても「修正は難しい」と断られ続けていました。ですが、川崎クリニックで二重を狭く治してもらいましたよ。
  • 切開二重で失敗してしまったんですが、川崎クリニックで修正してもらいました。初めからここに頼めば良かった…と思うほどです。
  • 以前、眼瞼下垂の手術を受けたのですがまったく改善しませんでした。ここでも眼瞼下垂と診断されましたが、まぶたのたるみと脂肪を取ってくれて、すっきりとした目元を手に入れることができました。
  • 逆さまつげを治すために、他院で埋没法を受けましたが、改善しなかっただけではなく眠たげな目元になってしまいました。元々は美容目的の手術ではなかったんですが、川崎クリニックでキレイに修正して頂いてとても嬉しいです。

他院修正とは?

他院修正とは1度クリニックで二重手術を受けたものの、何らかの理由によって他のクリニックで修正したい場合に手術を依頼することをいいます。「二重の幅に納得がいかない」「傷が目立っている」「ラインがガタガタしている」などその理由はさまざまです。

1度受けたクリニックで修正してもらうことも可能ですが、保証期間が切れている場合は無料、あるいは格安で再手術を受けることができません。

また、明らかにクリニック側がミスをしてしまったケースでは、その失敗によってクリニックが信用できなくなり他院修正を希望する人も。このように、はじめに受けたクリニックとは別のクリニックに修正を依頼することを他院修正といいます。

二重整形の他院修正を受けた人の口コミ

  • 涙袋形成を受けたのですがバランスが悪くなってしまいました。ヒアルロン酸を溶かす注射をしていただき、左右の差は翌日以降に小さくなりました。また看護師さんと先生は親身にお話しを聞いてくださり、安心して受けることができました。
  • 一度別のクリニックで手術を受けた際に目と目が近くなり不自然になってしまいました。複数の症例写真を見せていただきながら手術について親身になって細かく説明してくれました。手術は1時間弱で麻酔をしていたのできずいたら終わっていた印象です。初めて受けたときは想像通りにならなかったのですが、修正手術である今回は細かい注文だったのにも関わらず、希望通りにしていただけました。
  • もともと二重でしたが幅を広げる手術を受けるため、目頭切開をしました。しかし理想の目になることができず、埋没法で修正をしてもらいました。術後の経過などもメールを送ってくれたり満足いく二重になることができました。一度目で失敗したと思っても修正を行うことで満足いく形になりました。
  • 埋没法をしていました。しかし埋没法は糸で結んでいるだけなので取れてしまうという心配がいつもありました。そこで眼瞼下垂手術を受けました。2回目の手術でしたので、麻酔などの感覚はわかっていたのですが、やはり緊張はしました。結果として納得いく形にできて、今まで不安だったことがなくなりましたので本当にうけてよかったです。
  • 数年前に他院で埋没法を受けたのですが、左目だけ糸が緩んできて三重になってしまいました。そこでバランスが悪くなった左目の修正を兼ねてお願いしました。昔の埋没の糸を抜糸してほしかったのですが、金額を聞いて今回は残したままにすることにしました。以前施術したクリニックと比べて全てにおいて感動しました。修正できれいになってよかったです。

他院修正をせざるを得ない原因とは

他院修正をせざるを得ない原因は4つあります。それぞれの原因についての詳細をご覧ください。

納得いくまでカウンセリングを受けていない

十分なカウンセリングを受けていないことが原因で、思い通りの手術を受けられず、仕上がりが良くないことがあります。患者が多く、次から次へとカウンセリングを行うことによって、ドクターが1人ひとりのカウンセリングにあまり時間が取れないのが原因の1つ。

また、「なかなか患者の話しを聞かない」「一方的に意見を言ってくる」といったドクターだと、患者との認識が異なってしまうケースも。その他、患者側が質問しない、しっかり意見を伝えられないことによって思い通りの結果にならないこともあるので、一概にどちらが悪いとは言いづらいものなのです。

担当ドクターの技術不足

担当したドクターの技術力がないと、失敗してしまうことがあります。思い描いていたイメージと術後のまぶたが異なっているのはドクターの技術力はもちろん、経験や知識が不足してことによって起こってしまうもの。理想的なまぶたにならないどころか、失敗してしまい再手術が必要なケースもあるのです。

他院修正は通常の手術よりも難しい

他院修正は通常の手術よりも難しいもの。これは二重まぶただけでなく、他の整形手術にも言えることでしょう。通常皮膚は柔らかく、手術しやすい状態になっています。

しかし、一度手術でメスを入れる、あるいは穴を開けると、その部分に傷跡が残り、丈夫な組織である瘢痕組織ができてしまいます。瘢痕組織ができてしまうと皮膚が硬くなってしまうので思うように手術が進められなくなってしまうのです。

この修正を繰り返せば繰り返すほど手術は難しくなってしまい、その分仕上がりにも違いがでてくるでしょう。また、手術時間に関しても通常より圧倒的に長くかかってしまいます。

他院修正は通常の手術よりも儲からない

修正手術は通常の初回手術に比べて利益が上がりにくいもの。初回手術の場合はカウンセリングを受けると、そのまま手術を受ける患者が大半です。しかし、修正手術はカウンセリングをしたとしても、前回の手術で皮膚を取り過ぎてしまっていると手術の適応外になってしまいます。その場合、カウンセリングだけを行いその後はそのまま帰宅することに。

もちろん、カウンセリングが無料のクリニックは売り上げが0円です。クリニック側は全く利益に繋がらないので経営的にダメージを受けることになります。そんな理由から、他院修正を行っていないクリニックが多く存在するのです。

クリニックの選び方

クリニックを選ぶ際は、他院修正を積極的に行っているクリニックがおすすめです。他院修正は初回手術より、どうしても難しいもの。それにも関わらず対応しているということは技術力も期待できるでしょう。

その他、理想的な二重にするために必要不可欠なのが十分なカウンセリングです。イメージ通りの二重にならないということは患者とドクターのイメージが異なっていたということなので、患者の理想や悩みを丁寧に聞いてくれるクリニックだと、患者とドクターのイメージのギャップが起きづらくなります。他院修正を積極的に行っているかつ、カウンセリングの評判が良いクリニックを選んでくださいね。

関連記事:二重整形の名医の見極め方

埋没法の他院修正の方法

特に利用者が多い埋没法の他院修正について紹介しています。手術法や手術できる回数なども記載しているのでチェックしてみてください。

2種類の方法

まぶたの裏側から抜糸する方法

まぶたの裏側で糸をとめている場合、そのまま裏側から取り出すことができます。この手術は裏側から取り出すことによって表側に傷が残らないメリットも。ただ、表側から糸が見えづらいのですが、取り出すのが比較的難しいのが特徴です。

まぶたを切開する方法

埋没法の一般的な修正法に切開して抜糸する方法があります。まぶたの裏側に糸が埋まっている状態の際に、表側から2mmほど切開。そこから糸を取り出していきます。切開後は赤くなりますが、2日ほど経てばメイクで隠れるほどに。1ヶ月もすればほとんど傷跡は目立たなくなります。

いつでもできるの?何回もできるの?

修正可能な時期はいつ?

埋没法は手術を受けてから早い時期の方が修正しやすくなります。術後は腫れてしまうことがありますが、腫れている状態のときでも修正可能です。術後の腫れたときのラインと腫れが引いたときのラインでは異なるので、腫れが完全に引いて修正手術を検討することもできます。ただ、時間が経ちすぎると糸の位置が判断しづらくなるので、その分手術の難易度も高くなってしまうでしょう。

修正は何回できる?

ドクターや患者のまぶたの状態にもよりますが、埋没法の修正は3回程度が限度だといわれています。埋没法は修正で全ての糸が取り出せないこともあるので、一部の糸を残したまま修正することも。そのため、繰り返し過ぎると糸が残り続け、まぶたの負担となり目に良くない状態になってしまいます。

一人ひとりまぶたの状態は異なるので何とも言えませんが、複数回修正したい人は早めにクリニックに相談しましょう。

後悔しない二重整形にするために

理想の二重になるために手術したものの、失敗してしまい納得のいかない二重になってしまっては元も子もありませんよね。1度失敗してしまった人は、もう2度と失敗したくないと思うはず。修正手術に失敗しないためには、信頼できるクリニックに依頼することが大切です。

ドクターの腕やカウンセリングなど、口コミや評判などからあらかじめチェックしておきましょう。また、口コミ評判を見た上で1度カウンセリングを受けてみて信頼できそうだと思ったら依頼して、任せられないと思ったら他のクリニックを探すのも1つの手です。

大阪で他院修正を受けられるクリニックも掲載!おすすめのクリニック一覧

 

二重の美容整形ガイド 大阪版