理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 二重まぶたの整形手術 » 二重にするためのマツエクの方法とは?

二重にするためのマツエクの方法とは?

二重整形の埋没法を受ける時に気になる「マツエクをつけて施術を受けられる?」や「マツエクで二重になれるの?」というマツエクと二重整形に関する疑問についてまとめています。

二重整形をする時、マツエクはしてても大丈夫?

マツエクをつけたままでの二重整形は可能ですが、注意点やリスクがあります。

マツエクやつけまつげが抜けてしまう

二重整形は施術中に、まぶたを裏返して二重を作ります。そのため、マツエクをしたままの状態では数本抜けてしまうことがあります。

手術後にはつけなおす必要があるようです。

まぶたが腫れてしまう

マツエクやつけまつげは、接着剤を使ってまぶたに貼り付けるものです。

手術による肌への負担とマツエクをしたことによる肌への炎症でまぶたが腫れてしまう可能性が高くなります。

手術後の仕上がりに影響が出るおそれがある

手術はマツエクやつけまつげをしたままでも可能です。

しかし、手術中にまぶたを裏返して施術するため、長いまつげは手術の邪魔になり、仕上がりに影響が出てしまうことがあります。

術後いつからマツエクが可能?

埋没法は1~2週間ほどで可能になります。切開法であれば1ヶ月後ほどは、つけまつげやマツエクは避けた方が良いでしょう。

埋没法は最短で3日後から1週間

メスを使わない埋没法は手術後に腫れや内出血がなければ、最短で3日後からマツエクやアイメイクが可能なようです。

しかし、手術後の肌は、いつもよりもデリケートになっている状態。マツエクの接着剤やまぶたへの負担に耐えきれずに腫れてしまうこともあります。手術後1週間から2週間ほど経ってまぶたの状態が良くなった時に、マツエクやつけまつげをしたほうが良いでしょう。

自分で判断するよりも、医師の診察を受けてからマツエクやアイメイクをすることをおすすめします。

切開法は1ヶ月後のダウンタイムが必要になる

メスを入れる切開法の手術後は、抜糸やメスを入れた部分の回復を待ってから、つけまつげやマツエクをすることをおすすめします。

理由はつけまつげやマツエクの接着剤の刺激が肌への負担になってしまうから。患部を清潔に保てなくなってしまいます。完全に二重の切開が終わった時に施術を受けるようにしましょう。

クリニックによってマツエクやつけまつげを禁止にしているところも!?

マツエクやつけまつげをしたままの手術を禁止しているクリニックもあります。マツエク禁止の理由をまとめてみました。

術後を清潔に保てない

二重整形を受ける時には、マスカラをはじめとしたメイクを落としてからの施術になります。

マツエクをしたまま施術を受けることにより、メイクが残ってしまう可能性が高まり、手術部位であるまぶたが不衛生な状態に。

マツエクをつける接着剤の影響で、手術後に腫れなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

手術の時にマツエクが邪魔になってしまう

目を大きく見せるために、長くボリュームのあるマツエクがありますが、まつげの量が多すぎることが原因で、施術に支障がでることが考えられます。

手術中に埋没法に使う糸に絡んでしまったり、血液やガーゼについたりして、医師が手術をしづらくなってしまうのです。

医師にスムーズに施術をしてもらうためにも、マツエクはオフしてから施術にのぞみましょう。

マツエクやつけまつ毛で二重になれる?

マツエクつけまつ毛だけでも二重になることもありますが、本来の目的とは異なった使い方をすることになるため、マツエクだけで二重のラインを作ることは難しいでしょう。

二重にみえるのはなぜ?

まぶたにマツエクの接着剤がついたまま

マツエクをまぶたにくっつける時に使用している接着剤が、まぶたの皮膚を押しあげることによって、一重が二重に見えることがあります。マツエクはプロの技術者によるものであれば、接着剤がまつ毛以外の場所につくことはありません。

もしまぶたに接着剤がついてしまったとしたら、それはあまり腕の良いアイリストとは言えないでしょう。また、マツエクの接着剤のおかげで「二重になった」からといって、接着剤をそのままにしていると、腫れやかぶれなど肌トラブルの原因になってしまいます。

もし、二重になった理由が接着剤だとすれば、早めにまぶたについた接着剤を落としましょう。

つけまつげによって織り込まれたまぶたが二重のラインになる

本来の毛よりも固いつけまつげをまつ毛のキワにつけた場合に、まぶたの皮膚がつけまつげによって織り込まれ、二重ラインができることも。

しかし、毎日のつけまつ毛で二重ラインを作るメイクは難しく、手先の器用な人ではないと時間がかかるというデメリットも。

さらに、まぶたに負担をかけた続けた結果、肌トラブルや目元のたるみなどを引き起こすリスクが高くなります。本来の目的でない使い方は避けたほうが無難です。

マツエクを使っての二重はまぶたに負担をかける

マツエクによって二重になることはありますが、非常にまれなことです。二重になる理由は「マツエクの接着剤」や「マツエクによってできた二重のライン」。いずれも本来の使い方ではなく、まぶたを引き上げる筋肉に負担がかかることによって、起こるものです。

肌トラブルのリスクや将来の目元のたるみなど、予想できないトラブルに繋がってしまう可能性が高まってしまいます。

また、将来の肌トラブルや目元のたるみなどの可能性が高いので、避けた方が良いでしょう。どうしても二重になりたいのであればアイプチやアイラインなど、専用のグッズを使うことをおすすめします。

マツエクと二重まぶたでぱっちり可愛い目に

マツエクに加えてさらなるメイクで工夫するだけで、さらに理想の目元に近づくことができます。

また、まぶたに過度の負担をかけずに「目元ぱっちり」にするために、二重整形のあとにマツエクをする順番テクニック方法もご紹介しましょう。

専用のアイテムとマツエクで二重に

ぱっちり二重のまぶたを作るには、アイプチやメザイクを使ってから、マツエクをするのがおすすめです。

マツエクのみで二重になることもできますが、常になれるとは限りません。

メザイクやアイプチなどのメイク道具は消耗品なので、ランニングコストもある程度がかかることも覚悟しておきましょう。

整形してからマツエクをする

「毎朝、二重のラインを作るのは面倒」「まぶたのたるみが不安…」と言う人の中には、二重整形を受ける人も。

アイプチやメザイクを使って二重のラインをつくるのは、時間やコストもかかりますし、何より外れてしまう可能性大。糸を使って二重を作る埋没法なら、リーズナブルにメザイクやアイプチより強力な外れない二重をつくることができます。

気になる方は、一度クリニックへ行って相談してみてはいかかでしょうか。

>>大阪でイチオシの美容外科ガイドin大阪

 

二重の美容整形ガイド 大阪版