理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 二重まぶたの整形手術 » まぶたのくぼみ

まぶたのくぼみ

まぶたのくぼみが出ると、老け顔や疲れた顔のように見られてしまいます。鏡を見て憂うつな気分になる方もいるでしょう。こちらでは、まぶたがくぼんでしまう原因を紹介。自宅でできる改善方法やクリニックでの治療方法もまとめています。

まぶたのくぼみの原因

加齢による影響

まぶたにくぼみができる主な原因が加齢によるもの。年を重ねることで老化が進み、まぶたのふくらみを作る「眼窩脂肪(がんかしぼう)」と呼ばれる目の上下にある脂肪が減ったり、くぼんだりします。それによりまぶたがくぼんでしまうのです。

筋肉の衰えによるくぼみもあります。目の周りにある「眼輪筋(がんりんきん)」は、まぶたを支える役目を持つ筋肉です。しかし加齢とともに衰えて、まぶたを支えきれなくなるとまぶたがくぼんでしまいます。眼輪筋は30代を過ぎると筋力が落ちてくると考えられているそうです。

加齢によって目元のハリや潤いがなくなることでも、くぼんだような状態になります。目元は皮膚が薄いため、乾燥やコラーゲンの減少が目立ちやすい場所。保湿を怠るとカサカサ肌になりやすくなって、くぼんでしまいます。

眼瞼下垂(がんけんかすい)による影響

「眼瞼下垂」は、先天的・後天的な理由で上まぶたが開きづらくなった状態です。目をしっかりと開けるために、目元の筋肉が必要以上に縮んで眼窩脂肪(がんかしぼう)が奥に引き込まれ、くぼんでしまいます。また目を開こうと眉毛を持ち上げると、まぶたの厚みがある皮膚が持ち上がり、よりくぼんだまぶたに見えます。

眼瞼下垂は自力で改善できない症状なので、治療のためには病院で治療を受ける必要があります。日常生活に影響を及ぼすものなので、保険が適用される可能性が考えられますが、審美的な改善は自費治療扱いです。美容的に改善したい場合は、美容クリニックで相談してください。

生活習慣による影響

日常的に目を酷使することで、まぶたはくぼんでしまいます。パソコンを仕事で長時間使用したり、スマートフォンをいじったりと目を酷使する生活を続けることで、血行が悪化。目の筋肉が凝り固まり衰えて、まぶたのくぼみとして現れます。血流が悪くなることで、目の下にくまが発生することも。それにより、くぼみが目立つことになります。

ダイエットのし過ぎもくぼみの原因です。過剰なダイエットはまぶたを痩せさせてしまい、目元がくぼんでしまいます。

自分で治す方法

  • マッサージ
    眉を押さえて眉を動かさないように目を開きます。これを、10回、1日2~3セット行ってください。
  • 指圧
    目頭から目尻に向かって目の下の骨に沿うように、指をずらしながら力を入れ過ぎずに指圧します。
  • アイクリーム
    目元を引き上げるようにアイクリームを指で塗り目元を保湿して、水分が失われるのを抑えます。
  • 血流改善
    目元の血流をホットタオルなどで温めることで、くぼみが改善する可能性があります。
  • 睡眠時間
    朝と夜ではまぶたのくぼみに違いがあるので、十分な睡眠時間を確保して目元の膨らみを保ちます。

クリニックで治す方法

ヒアルロン酸注射

くぼみの気になる部分にヒアルロン酸を注入する治療法です。ヒアルロン酸は体内にもある成分のため、安全性が高いとされています。

体内に注入したヒアルロン酸は、身体の中に取り込まれると3ヶ月から半年ほどの期間をかけて体内に吸収。副作用のリスクが低いため、気軽に受けられる治療法の一つです。

しかし、目元に注射の針を指すため若干の痛みがあります。施術後から一週間にかけてまぶたの腫れや内出血が出る可能性もありますが、徐々に治まってきます。近年は腫れや内出血を軽減できる「鈍針」も広まっているそうです。

注入しすぎると二重のラインが変わったり、まぶたが膨らんでしまったりという問題も出てくるので、注射する量も重要になります。

眼瞼下垂手術

くぼみの理由を調べたところ眼瞼下垂(がんけんかすい)が原因だったケースがあります。その原因である眼瞼下垂を治療して、くぼみを解消する方法です。まぶたを切って眼瞼下垂の原因に合わせた手術を行います。

手術には眼瞼挙筋前転法、眼瞼挙筋腱膜修復法、上眼瞼吊上げ術など複数の種類手術があり、皮膚を切除するだけのものや挙筋や筋肉にメスを入れるものも。表側から手術する場合や角膜側、まぶたの裏側からメスを入れる方法があります。

眼瞼下垂は基本的に保険適用されますが、自費で治療を受けた場合は、30~50万円ほどと高額に。事前にクリニックで保険が適用されるかをしっかりとチェックしておきましょう。

その他

脂肪注入やレーザー治療、再生医療などの治療法があります。

脂肪注入は、ヒアルロン酸の代わりに、事前に採取した自分の細胞を移植する方法です。ヒアルロン酸より長持ちするメリットがありますが、カバーできるくぼみに個人差があります。

レーザー治療は、まぶたの皮膚にレーザーを当ててくぼみを改善する治療法。限定的な治療のため、ほとんどのクリニックでは行われていないそうです。

再生医療は、自分自身の肌細胞を移植する治療法です。事前に培養して増殖させた自分の細胞を使うため安全性が高く注目されています。

まぶたのくぼみに関するまとめ

  • まぶたのくぼみは加齢・眼瞼下垂・生活習慣などによって発生する
  • 自分で改善するためにはマッサージや睡眠時間の確保など、継続的な処置が必要
  • ヒアルロン酸注入や眼瞼下垂手術が主な治療法

まぶたのくぼみは、先天的なものから後天的なくぼみまで、さまざまな理由によって発生します。後天的に発生するくぼみは生活習慣を改善することである程度予防が可能です。デスクワークやスマートフォンいじりが長い方は日々のマッサージや指圧を心掛けましょう。

自分で対策をして、それでもまぶたのくぼみが気になってしまう方は、クリニックに一度相談してみてはいかがでしょうか?こちらでは、大阪で評判のクリニックを紹介しています。あなたの悩みを解消してくれるクリニックが見つかるかもしれませんよ。

 

二重の美容整形ガイド 大阪版