理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 一緒に選ばれている目元の整形 » まぶた脂肪取り

まぶた脂肪取り

まぶたの奥にある眼窩脂肪。これが多いとまぶたがたるんで疲れているように見られたり、腫れぼったくて目が小さく見えてしまうなど、顔の印象も悪くなってしまいます。

そんな影響を与える眼窩脂肪を引っ張り出し切除するまぶた脂肪取りについてご紹介いたします。

まぶた脂肪取りとは

まぶた脂肪取りとは、その名の通りまぶたの脂肪を取る施術です。

まぶた脂肪取りを受けると、余分な脂肪を除去することで腫れぼったいまぶたの厚みが解消されるため、皮膚が折りたたまれやすくなり、二重のラインがつきやすくなります。

日本人は顔の皮下脂肪が発達やすいといわれており、まぶたの脂肪が厚い人が多いそう。それが原因で二重のラインがつきにくい目元になっているのです。

この手術はまぶたの膨らみにより眠そうな印象を持たれたり、疲れているように見られたりする方におすすめです。他にも目が小さく見える、まぶたの厚みで目の開き具合が良くないといった方に対しても、この手術法は向いているといえるでしょう。

まぶた脂肪取りでは二重にならない?

まぶた脂肪取りでは二重にならない、効果がないとの話もありますが、それには理由があります。

まぶた脂肪取りは、まぶたの奥にある眼窩脂肪(がんかしぼう)を小さな穴から引っ張り出して切除する手術です。この眼窩脂肪は二重手術を行う箇所とは関係のない部分にあるので、まぶた脂肪取りをしただけでは二重になれないのです。効果として、二重のラインが少しだけスッキリするかどうかという程度になります。

そのため、基本的にまぶたの脂肪吸引は二重まぶたの埋没法とセットで行われることが多い施術法です。

まぶたが腫れぼったく眼窩脂肪が多いため、普通の埋没法だけでは後戻りが心配という方におすすめ。その他、スッキリとした二重のラインをつくりたい方に向いた手術といえるでしょう。

目尻切開のダウンタイムと失敗例

ダウンタイムは1週間程度

手術後のダウンタイムですが、腫れや内出血は埋没法単独よりも長引く場合があるそうです。脂肪が取りやすければ埋没法と変わらないようですが、脂肪が取りにくい方は腫れや内出血が多く、それが1週間ほど続くようです。その後、傷跡は薄まりほとんど分からない状態となります。

会社や学校でダウンタイム中の顔を見られたくないという方もいらっしゃるでしょう。そういった方のために、片目を手術後に眼帯をして隠し、腫れが引いた後にもう片方の目を手術するといった対応も可能なクリニックもあるようです。

よく挙げられる失敗例は2つ

失敗例によく挙げられるのが「見た目では効果が分からない」、「脂肪の取りすぎ」です。

まぶたの腫れぼったさは眼窩脂肪だけが原因ではなく、むくみによっても起こるため、奥にある脂肪を取ったところで効果は限定的なものになってしまいます。そのため、効果が出ているのかどうか分からないというケースが起こってしまうのです。

また、まぶた脂肪取りは眼窩脂肪が多く、もともとまぶたが腫れぼったい方に向けた手術です。眼窩脂肪の少ない方がこの手術を行った場合は、逆に目の上がくぼんでしまったり、将来的にくぼんでしまう時期を早めてしまう可能性もあるので注意が必要となります。

さらに脂肪を取る場合は最低でも5~15mmはまぶたを切開しなければなりません。

まぶた脂肪取りを受けようと考えている方は、自分のまぶたが脂肪の多い状態か、まぶた脂肪取りに向いているかを専門の医師と相談してみてください。失敗しない名医を選ぶためにも、症例実績の多いクリニックや口コミ評判を参考に探してみるといいですよ。

料金の紹介

まぶた脂肪取りの手術を受けるとして、その料金はどれほどかかるのでしょうか。

大阪にあるクリニック8店のサイトから、両目の脂肪を取った場合の料金を調査したところ

種類 金額
最安値 38,000円
最高値 400,000円
平均値 約198,000円

最安値と最高値では価格の差が約360,000円となり、金額に大きな差があることが分かります。

調査した料金の中には埋没法とセットとなっている施術も含まれており、セットのあるなしで金額が数万ほど変わるでしょう。オプションをつける可能性も考えて、予算は多めに見ておいた方がいいかもしれません。

他にもある類似施術

まぶた脂肪取りの他にも、糸を使った埋没法や切開法、部分切開や全切開など様々な二重施術があります。

  • 埋没法
    メスで切らずに針と糸で二重を作る施術で、ダウンタイムも短く抜糸での修正も可能です。短時間で安全といわれているため、初めて施術を受けるという方におすすめされています。
    埋没法に関する詳細:二重のプチ整形・埋没法のメリット
  • 部分切開
    1~2cmほどまぶたを切開した後に眼窩内脂肪を切除。内部処理を行い縫い合わせる施術です。
    部分切開法に関する詳細:二重の整形手術「部分切開法」の特徴
  • 全切開
    部分切開で腫れぼったさが完全になくならなかった方におすすめされています。部分切開と同じく切開後に余分な脂肪を除去した後に内部処理、縫い合わせます。切る範囲が大きく、必要に応じてROOF(眼窩脂肪の上にある脂肪)も切除するのが特徴的です。
    全切開法に関する詳細:全切開の二重まぶた整形手術とは

大阪にあるまぶた脂肪取りができるクリニック

クリニック名 料金 住所
ガーデンクリニック大阪 400,000円(税抜) 大阪府大阪市北区梅田1-11-4
大阪駅前第四ビル 6F
城本クリニック大阪院 250,000円(税抜) 大阪府大阪市北区小松原町3-3
OSビル9F
川崎クリニック 両目 250,000円(税抜) 大阪市北区梅田1-1-3-200
大阪駅前第3ビル2F

他にもある目元の整形

目に関する悩みは二重にしたいだけでなくたるみや腫れぼったさ、くまなど目元に関する悩みも多いでしょう。

脂肪で悩んでいても実はたるみを解消することで解決するかもしれません。

目元に関する悩みはそれぞれ適切な施術方法があります。

当サイトでは二重整形以外にも目元の整形手術を紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

関連記事:一緒に選ばれている目元の整形!あなたに合った施術はどれ?

 

二重の美容整形ガイド 大阪版