理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 一緒に選ばれている目元の整形 » 目の上のたるみ取り

目の上のたるみ取り

目の上がたるむと、腫れぼったい目になって、顔の印象も悪くなりますし、メイクで隠すことも難しいので「どうしたら改善されるのだろう?」と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今回は、目の上のたるみを改善する方法についてご紹介します。

大阪で目の上のたるみ取りが受けられるクリニック

恵聖会クリニック

眉上リフトという、眉毛の下にある無駄な脂肪や皮膚を取り除く施術を用意。傷跡はほとんど残らず、アイメイクで簡単に隠れます。目の上をスッキリさせることで脂肪に潰されていた二重の幅が広がり、腫れぼったさがなくなると人気の施術です。

恵聖美容外科クリニックのサイト

恵聖会クリニック

http://www.keisei-cs.com/
目の上のたるみ取り費用 上眼瞼タルミ取り(眉下切開法) 250,000円
施術の特徴 上まぶたの脂肪や皮膚を取ることで、目元の印象は変えずに腫れぼったさがなくなる施術
アクセス ●心斎橋院
大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F(心斎橋駅徒歩3分)
●京橋院
大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F(京橋駅1分)

口コミ評価

  • まぶたが下がってきてシジミ目になっていたので、調べた中で評判の高かった恵聖会クリニックさんを選びました。手術後は腫れましたが、腫れが引いてくると目が以前の2倍くらいに。周りからも「可愛くなったね」と言ってもらえてます。
  • 思い切って施術して良かったです。たるみを除去した後は腫れや内出血もあり後悔しそうでしたが、腫れが引いてからは大正解だったと自信に変わりました。
  • 執刀中も声をかけてくださり、安心して施術を受けられました。初めての施術なので他とは比べられませんが、やってよかったです。

水の森美容外科

二重幅の広い人は皮膚のみ切除し、たるみの多い人は、皮膚と一緒に脂肪を切除するなど、その人の目やたるみの状態に合わせて微調整を行ってくれます。手術後は5日後、1ヶ月後、とアフターケアも用意されているため、術後に不安な点があってもすぐに相談可能です。

水の森美容外科のサイト

水の森美容外科

https://www.mizunomori.com/
目の上のたるみ取り費用 目の下のたるみ取り(筋皮弁法) 410,000円
目の下のたるみ取り(ハムラー法) 500,000円
施術の特徴 施術時間およそ90分間で、眉と二重の丁度あいだにある皮膚を切除
アクセス 大阪府大阪市北区曽根崎2-3-2 梅新スクエアビル地下1F

口コミ評価

  • アラフィフに入り、まぶたの上のたるみをどうにかしたいと悩んでいました。切る施術は怖かったですが、やってみると全然印象が違います。とにかくチャレンジして良かったです。
  • 娘にすすめられて相談しに行きました。相談してからも施術を受けるか悩んでいましたが、娘に背中を押されて決意。最初は腫れがすごくて本当に良くなるのか疑心暗鬼でしたが、腫れが引いてからは暗そうな目元が明るくなって戻ってきました。

グローバルビューティークリニック

眉下から切開してまぶたのたるみを取り除く「眉下切開法」と、まぶたの無駄な脂肪や皮膚を取り除きつつ、二重ラインをつくる「たるみ取り併用全切開二重術」の2つの方法があります。もともと一重で二重になりたいと考えていた人はたるみ取り併用全切開二重術を利用すれば、たるみも取れて二重になれるという一石二鳥の施術です。

グローバルビューティークリニックのサイト

グローバルビューティークリニック

https://global-beauty-clinic.com/
目の上のたるみ取り費用 眉下切開法 228,000円
たるみ取り併用全切開二重術 268,000円
施術の特徴 眉下切開法は眉下ギリギリから切開するため、傷跡が目立たない施術
たるみ取り併用全切開二重術も二重のラインに沿って切開するため、手術後の傷跡は二重のラインに隠れて目立たない
アクセス 大阪市北区曽根崎新地1-4-20桜橋IMビル 16F(北新地駅1分)

口コミ評価

  • 先生とスタッフさんのブログを見てこちらに決めました。初めての美容施術で不安が大きかったですが、カウンセリングが細かくて当日の服装までアドバイスしてくださったので、安心して施術も受けられました。
  • 図を書いて説明してくださったのが印象的です。看護師さんが手際よく動きながらもしゃべりかけてくれるので、緊張せずに受けられたと思います。先生が安心して手術できるように、看護師さんが配慮されている雰囲気が良かったです。

目の上がたるむ原因は何?

目の上がたるむ原因は大きく分けて2つあります。

皮膚自体がたるむ

人間の肌というのは、紫外線や加齢によって、コラーゲンやヒアルロン酸などが減少していきます。これらの肌の弾力を保つ成分が失われると、重力に逆らえずにまぶたの皮膚が目に被り、たるみとなります。

目の周りの皮膚は薄いので、お年寄りの方だけでなく20代~30代の方でも目の周りに何らかの影響が出ている人も少なくありません。

筋力の衰え

まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まると、眼瞼下垂を起します。眼瞼下垂というのは、しっかりと目が開けられなくなる症状のことです。

これによって、皮膚が目尻にかぶさり、たるみのように見えてしまいます。

目の上のたるみを改善するエクササイズ

目のたるみを改善するために手術・・・というのは、なかなか考えられませんよね。顔にはなんと30以上の細かい筋肉があるので、まずはこの筋力を鍛えてたるみを改善するようにしましょう!

ウィンクエクササイズ

  1. 頬骨の上を人差し指で軽く押さえます。
  2. 押さえている方の目をウインクします。

左右で目の閉じ方に違いがある場合、筋力が弱っている証拠です。弱い方がたるみやすいので、回数を多めに瞼の上の筋肉を鍛えましょう。

眉毛上げエクササイズ

  1. 姿勢を正して正面を向きます。
  2. 自分の限界まで目を細めましょう。
  3. 目を細めたまま眉毛を上げます。
  4. そのまま10秒カウントします。

まぶたは疲れましたか?疲れた方はまぶたの筋力が鍛えられている証拠です!「全然何も感じない・・・」という方は、眉毛を上げる時間を長くして、「ちょっときついな・・・」と、感じられるまで頑張ってみてください。目の筋力を効果的に鍛えることができるエクササイズをご紹介しました。

エクササイズだけではなく、目の周りのリンパマッサージも、たるみ取りには効果的です。瞼の目頭側から眼尻の方に向かって、優しくマッサージをします。下瞼も同様におこないます。

この時、絶対に力を入れてマッサージをしないでください。また、クリームをつけないと色素沈着を起こす可能性があるので、アイクリームを塗って優しくマッサージしましょう。

「アイクリームを持っていない」という方は、普段のスキンケアの乳液を塗った後にすると、滑りが良くなるのでマッサージしやすいと思います。

エクササイズでもリンパマッサージでも改善されない時は?

「何を試しても改善されない!」というときは、目の上のたるみを取る手術もあります。

大きく分けて、眉下切開法・重瞼線部切開法・眼瞼下垂(埋没法)・眼瞼下垂(腱膜縫縮法)の4つの方法があります。

眉下切開法

眉毛の下のたるみ・厚みを取り除き、残った部分を上に引っ張る施術方法です。デメリットは、眉毛と目の距離が若干狭くなることです。

術後の経過は1週間後に抜糸を行い、傷跡は術後1ヶ月過ぎたあたりから目立たなくなります。料金の相場は30万円~です。

重瞼線部切開法

二重のラインに沿ってたるんでいる部分を切除する施術方法です。

眉毛の下の厚みは切除されず、二重が形成されます。経過は眉下切開法と同じく、1週間後に抜糸を行い、傷跡は術後1ヶ月程度で目立たなくなります。料金相場も同じく30万円〜です。

眼瞼下垂(埋没法)

プチ整形とも呼ばれる、皮膚を切開せずに特殊な糸を皮膚の下に埋没させることによりまぶたを引き上げる施術方法で、軽度〜中度の症状の方が対象です。

料金は保険は適用外ですが、料金5万〜10万円と安価で、施術時間も両目合わせて10分ほどで終わります。

眼瞼下垂(腱膜縫縮法)

上まぶたの皮膚の一部を切開し、眼瞼挙筋の表面を縫合し縮めて、下に垂れてしまったまぶたを引き上げる施術方法で、中度〜重度の眼瞼下垂に悩む方が対象です。

料金相場ですが、保険が適用された場合は5万円程度、美容を目的とした施術の場合は30万〜50万円程度となります。

瞼の上のたるみは、目元の印象を悪くしてしまうだけでなく、ひどい場合は視界が狭くなる可能性もあります。

まずは、エクササイズなどで日ごろから目の周りの筋肉を鍛えて、たるまないように気を付けましょう!

他にもある目元の整形

目に関する悩みは二重にしたいだけでなくたるみや腫れぼったさ、くまなど目元に関する悩みも多いでしょう。

たるみで悩んでいても実は脂肪取りで解消することで解決するかもしれません。

目元に関する悩みはそれぞれ適切な施術方法があります。

当サイトでは二重整形以外にも目元の整形手術を紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

関連記事:一緒に選ばれている目元の整形!あなたに合った施術はどれ?

 

二重の美容整形ガイド 大阪版