理想のパッチリ二重になれる!大阪の美容整形外科

二重整形で評判の大阪美容外科ガイド集_HOME » 一緒に選ばれている目元の整形 » 垂れ目形成

垂れ目形成

おっとりとしたやさし気な雰囲気が魅力の垂れ目は、とても癒されますよね。

つり目や垂れ目、一重や二重など、人によって目元は様々です。今回は、「垂れ目になりたい!」という女性の願いをかなえてくれる「垂れ目形成」について詳しく紹介します

垂れ目形成って何?

垂れ目形成とは、下眼瞼下制法とも呼び、下まぶたの中央から目尻のカーブを下げることで、目を大きく見せたり、垂れ目のような印象にする手術のことです。

糸のみで行う方法もあるのですが、糸のみの場合は1~2年ほどしか持続できません。それに比べて、下眼瞼下制法は後戻りが圧倒的に少ないので、選ばれることが多い垂れ目形成方法になっているのです。

クリニックによっては、「グラマラスライン形成」という呼び方もしています。

垂れ目形成はどんな悩みを改善してくれる?

垂れ目形成は、こんな悩みを改善してくれます。

  • つり目でキツイ印象が、垂れ目になって優しい雰囲気になった
  • 目が小さかったけど、ぱっちりと大きくなった
  • メイクをするのが嫌だったけど、理想通りの目元になれてメイクが楽しくなった

ファッション誌などでは、「垂れ目に見えるメイク」という特集があるほど大人気の垂れ目。自分の目がコンプレックスで悩んでいたけど、垂れ目形成をすることによって今までの悩みが改善された!という意見はとても多いです。

日帰り手術で、手術時間も短く、手軽に行なえるのも人気の一つかもしれません。

垂れ目形成には3つの施術方法があります。(結膜のみ切開法・皮膚切開法・糸によるタッキング法)

下眼瞼下制法の詳細

下眼瞼下制法には、3つの方法があります。

結膜のみの切開(切るたれ目術)

メリットは抜糸が不要なことです。しかし、下げ過ぎるとまつ毛が内側に反る(睫毛内反)を起こしてしまう可能性があるので、下げ幅はそれほど期待できない方法です。

皮膚切開(切るたれ目術)

3つの中で一番下げることができる方法です。しかし、切開部分を縫合する必要があるため1週間前後は糸が付いている状態のまま、生活することになります。

糸によるタッキング法(切らないたれ目術)

下眼瞼の芯と考えられる「瞼板」を、Capsulopalpebral fascia(CPF)という膜に縫合固定して下まぶたを下げる手術の事です。手軽に利用できるのがメリットですが、元に戻ってしまう可能性もあります。

下眼瞼下制法の留意点

結膜のみの切開・皮膚切開・糸によるタッキング法、これらの3つの施術方法は、施術時間や料金、ダウンタイム、持続性、傷跡などに違いがあります。

その違いについてまとめました。結膜のみの切開・皮膚切開のことを「切る垂れ目術」、糸によるタッキング法の事を「切らない垂れ目術」と表記します。

施術時間

  • 切る垂れ目術・・・約1時間
  • 切らない垂れ目術・・・約30分

ダウンタイム

  • 切る垂れ目術・・・約1週間
  • 切らない垂れ目術・・・2~3日

料金相場(両目)

  • 結膜のみの切開・・・240,000円~
  • 皮膚切開・・・340,000円~
  • 切らない垂れ目術・・・75,000円~

通院回数

  • 切る垂れ目術・・・1~2回
  • 切らない垂れ目術・・・なし

傷跡

  • 結膜のみ・・・なし
  • 皮膚切開法・・・まつ毛の生え際
  • 切らない垂れ目術・・・なし

持続性

  • 切る垂れ目術・・・半永久的
  • 切らない垂れ目術・・・1~2年間

洗顔

  • 切る垂れ目術・・・目元のみ24時間後
  • 切らない垂れ目術・・・当日

シャワー

  • 切る垂れ目術・切らない垂れ目術・・・当日

入浴

  • 切る垂れ目術・切らない垂れ目術・・・1週間

コンタクト

  • 切る垂れ目術・・・1週間後
  • 切らない垂れ目術・・・48時間後

これらを見てわかるように、切る垂れ目術よりも切らない垂れ目術の方が料金も安く、施術時間も短いので手軽に行なえることがわかります。

しかし、持続性は全く違います。自分に合った方法を選んで、信頼できるクリニックでよく相談して決めましょう。

他にもある目元の整形

目に関する悩みは二重にしたいだけでなくたるみや腫れぼったさ、くまなど目元に関する悩みも多いでしょう。

垂れ目で悩んでいても実はたるみを解消することで解決するかもしれません。

目元に関する悩みはそれぞれ適切な施術方法があります。

当サイトでは二重整形以外にも目元の整形手術を紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

関連記事:一緒に選ばれている目元の整形!あなたに合った施術はどれ?

 

二重の美容整形ガイド 大阪版